« ゆっくりと | トップページ | 東鶴 やさしいお酒 »

2022/01/21

立春朝搾りご予約受付中!

今年から弊店も参加いたします。

2月4日の立春の春が始まるその日の朝に搾ったお酒をその日のうちにお客様にお届けするという「立春朝搾り」。

弊店は茨城県大洗の月の井酒造店さんの「月の井 立春朝搾り」(1.8l¥3,520 720ml¥1,760)を取扱います!只今、絶賛ご予約受付中です!

どうぞよろしくお願いいたします!

Dsc03605

 

お酒も色々入荷しております。

Dsc03602

「59Takachiyo 純米吟醸生原酒愛山」(1.8l¥3,630 500ml¥1,430)は兵庫県産の愛山を使用した、ジューシーで旨みも乗った味わい。

「春霞 純米吟醸生栗ラベル・白」(1.8l¥3,300 720ml¥1,650)は秋田酒こまちを使用。美郷錦のものより清々しい中に優しい味わいを感じます。まだまだフレッシュなので、もう少しおくと更に味わいがジューシーさが出てきそう。

 

そして、

Dsc03601

「手取川 Spakring dot」(720ml¥1,980)は石川県産石川門60%精米の山廃仕込の純米発泡にごり酒。モダン山廃造りで優しい酸味のスッキリと爽やかなシュワシュワの口あたり。特殊印刷のラベルでドッとの黄色い部分が立体的になっており、こんな時だからこそ元気が出そうな可愛いラベルも素敵です!

 

こちらも入荷していますが、

Dsc03604

「田酒 貴醸酒」(720ml¥2,035)と「田酒 純米吟醸うすにごり生」(720ml¥1,705)は入荷本数が少ないため、お一人様どちらか1本、店頭販売のみとさせていただきます。完売の際はご容赦ください!

 

個人的にはこのお酒を飲んでいます。

Dsc03607

「扶桑鶴 純米吟醸雄町」(1.8l¥3,790)は2019年11月に入荷したH30BYのもの。入荷当初はまだ若くピンをこなかったのですが、ようやく今ちょうど飲み頃になったような。常温でしっかりした旨味を感じ、お燗も美味しい、寒い今重宝する1本。ただ、あと1本しか在庫がないという・・・。

Dsc03608

さて、問題です!この↑の3本のお酒には共通項がありますが何でしょう?

 

答えは、この3本、岡山県倉敷のまめ農園さんの雄町を使用しています。

真ん中の日置桜のきもと雄町純米酒は昨年11月に入荷したものですが、やはりH30BY。やっぱりしっかりと造られた純米酒は熟成させないと旨味がでてきません。左の十旭日のきもと純米原酒鏡草はH28BY。飲み頃です!

3本とも熱燗が美味しいお酒です。しぼりたての新酒とは全然違う味わいですが、落ち着いた滋味あふれる味わいも是非お試しを!

 

|

« ゆっくりと | トップページ | 東鶴 やさしいお酒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゆっくりと | トップページ | 東鶴 やさしいお酒 »