« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021/03/26

総裁賞代表受賞酒「八千代伝黒」

この度、2021年鹿児島県本格焼酎鑑評会で「八千代伝・黒」がトップ賞である総裁賞代表賞を受賞しました!

これは並みいる鹿児島の焼酎の頂点ということ!素晴らしいです!

そこで、受賞を記念して、出品タンクNO.110を受賞として限定販売することになりました!

今回受賞した110号タンクは新酒100%の八千代伝黒です。通常の八千代伝黒と違うのはほとんど濾過をかけないで出品しています。通常の八千代伝黒も美味しいのですが、受賞酒ならではの香味バランスの優れた味わいです。

Dsc01704

「総裁賞代表受賞酒 限定八千代伝黒」(1.8l¥3,850)

 

北海道に移転した「三千櫻」さんより春の限定酒も届きました。

Dsc01705

「三千櫻 さくらにごり」(720ml¥2,300)は愛山を使用したアルコール度数8%の発泡にごり酒です。愛山でないとこの味は出せないという、三千櫻ならではのシュワシュワの優しい甘口の味わい。

他の三千櫻のお酒は今のところ北海道でも品切れとのことで、今回はさくらにごりだけの入荷です。どうぞよろしくお願いいたします!

 

Dsc01706

「山本 純米吟醸生原酒ミッドナイトブルー」(1.8l¥3,480 720ml¥1,740)は山本のピュアブラックよりも香り華やかに仕上げたジューシーな味わい。ラムネのような爽やかさと優しい甘味を感じます。ちょうどいいバランスで美味しいです!

「黒龍 吟醸原酒春しぼり」(1.8l¥3,080 720ml¥1,540)はフレッシュ感のある爽やかな味わいが特徴の黒龍の春の味わい。入荷本数少ないので、完売の際はご容赦ください!

| | コメント (0)

2021/03/20

芽吹きの季節

庭のカイドウの花が満開です。このカイドウが咲き終わる頃に毎年桜が満開となり、他のアジサイなどの花木が芽吹いていきます。

人間の世界に何が起こっても、変わらぬ自然界の法則に毎年ハッとさせられます。

 

さて、こんな芽吹きの季節にピッタリのお酒が入荷しました!

Dsc01698

「東鶴 芽吹きうすにごり生」(1.8l¥3,080 720ml¥1,650)は旨味タップリながらフレッシュなガス感もほんのり感じる爽やかな味わいです。今年の東鶴、どれもいい仕上がりです!

 

Dsc01694

「豊潤無蓋たかちよ 扁平精米無ろ過生原酒氷点貯蔵sunRise」(1.8l¥3,190 ¥1,595)は通称オレンジラベルの新商品。お題目は「みかん」です!

みかんのような柑橘系の特徴をとらえた爽やかな甘酸っぱい味わいです。

 

そして、

Dsc01697

「田酒 純米大吟醸四割五分古城錦」(720ml¥2,860)は四割五分シリーズの新商品。旨味とキレイさを追求した古城錦45%の純米大吟醸。

こちらのお酒は申し訳ございませんが入荷本数が少ないので、お一人様1本とさせていただきます。

| | コメント (0)

2021/03/19

東北泉 Mt.chokai

最近、朝のBSのNHKで再放送されている「澪つくし」にはまっています。

沢口靖子さんの初々しい演技、脇役の明石家さんまの若い姿やこんなことあるかい!というまるで韓ドラのような突っ込みどころ満載のお話。やっぱり、韓ドラにはまる中高年女性のDNAにはこういうまさかの展開が好きななにかが刷り込まれているのでしょうか・・・・。

 

さて、東北泉さんから昨年発売された新商品。「東北泉 純米大吟醸Mt.chokai」(1.8l¥2,805 720ml¥1,430)がとってもいいです!

Dsc01692

軽やかな甘味ときれいでなめらかな旨味がありつつ、ふわーっと消えていく鳥海山の雪どけ水のような軽い口あたり。国産米45%精米でありながら、お手頃な価格が更に嬉しい1本です。

新酒の山田錦を使用したおりがらみの生(1.8l¥3,960 720ml¥1,980)も入荷しております。こちらは新酒らしくフレッシュでおりがらみならではのジューシーさが感じられる味わいです。

 

Dsc01683

「扶桑鶴 純米無濾過生原酒」(1.8l¥2,750 720ml¥1,384)は熱烈なファンのいる、ガツン系の味わいです。もともと熟成酒がメインのお酒ですが、この時期だけの新酒の生原酒は旨味・酸味・渋味といった様々な味が感じられるコクのある力強い味わい。

「旭菊 綾花 特別純米生」(1.8l¥3,190)は新酒ながら綾花らしい、山田錦の旨味が感じられるきれいな味わい。フルーティーでなく重くもない、ちょうどいいバランスのこの味わいを是非お試しください!

 

我が家に来て約1ヵ月。

Dsc01691

だんだん態度がビッグになってきたクロちゃん2号。クロちゃん1号よりストーブ前のいい場所を確保しています。

でも、まだまだ野良らしい鋭い眼光。顔付きが柔らかくなるのにはまだ時間がかかりそうです。

| | コメント (0)

2021/03/13

アセロラ味の日本酒

今日は朝から雨。ですが、桜の開花ももうすぐとのこと。春はもうそこまできています。

日本酒も春らしいお酒が入荷しています!

P1014749

「59Takachiyo Season2赤色酵母Rose純米無調整生酒」(1.8l¥3,520 500ml¥1,540)。

昨年試験醸造だったお酒。赤色酵母を使用した澄み酒。アセロラのような爽やかな酸味と果実味があります。アルコール度数10度と低いのでゴクゴク飲んでしまいそう。

 

そして、超限定品!

P1014750

「田酒 純米大吟醸二割三分」(720ml¥25,300)。

兵庫県産特A地区産の「山田錦」を23%まで磨き上げた、西田酒造店さんの中では最も高精白したハイスペックの純米大吟醸です。

味の綺麗さと旨味の究極のバランスを表現した、田酒の最高峰のお酒です。

| | コメント (0)

2021/03/09

麹39(サンキュー)

本日は3月9日。十旭日の変わり種「麹39(サンキュー)」の発売日です。

Dsc01680

「十旭日 麹39生原酒」(1.8l¥3,850 720ml¥1,870)はきもと鏡草で使用される倉敷の目黒さんの雄町の等外米を使用しています。麹歩合が驚きの39%!汲み水も少なめにして発酵させ、甘く濃い味わいのお酒に仕上げています。

日本酒度ー23とかなりの甘口ですが酸度も2.4としっかりとありますので、面白いバランス。蔵元さんいわく、今年は過去最高の出来でバナナフルーティー!十旭日でバナナフルーティーとは!香り系酵母でなく、麹歩合を高めて甘く仕上げた、蔵元さんの心意気をお楽しみください!

にごりの「十旭日 麹39まげなにごり生」(1.8l¥3,850 720ml¥1,870)もございます。発泡は未知数ですが、徐々に発泡していく予定です。

Dsc01675

「まんさくの花 直汲み特別純米生原酒」(1.8l¥2,750 720ml¥1,430)は搾りたての微発泡感を少しでも多く残せるよう工夫して瓶詰めした、ピチピチした爽やかで軽快な味わい。

「U Yoshidagura 山廃純米無濾過生原酒」(1.8l¥2,750 720ml¥1,375)は自然界に生存する乳酸菌の力を借りて造ったアルコール度数13%の純米生原酒です。いわゆる山廃仕込のお酒ですが、全然山廃っぽくありません。ライムを搾ったような爽やかな果実味、優しい甘味とフレッシュな酸味。石川のテロワールにこだわり、自然な造りを模索する蔵元が目指す味わいナチュラルな味わいがここにあります。

 

埼玉の石井酒造さんからは春酒が入荷。

Dsc01685

「権現桜 桃色純米にごり酒」(720ml¥1,100)は着色料を使用せず、赤色酵母で醸した、トロリとした口当たりの少しヨーグルトのような酸味を感じる甘口の桃色のにごり酒。アルコール度数も12度とひくめなので、お酒が苦手な方にもおすすめです。

「pipipi ピンク色発泡にごり純米生」(720ml¥1,650)は今年だけの限定販売品。こちらも赤色酵母で醸していますが、微発泡の生酒です。シュワシュワの口当たりを楽しめる甘口の味わい。お家時間が楽しくなりそうな可愛いお酒です。

 

| | コメント (0)

2021/03/06

プリンセスミチコ

昨年大好評だったこのお酒。

Dsc01674

「石鎚 純米吟醸プリンセスミチコ」(1.8l¥3,300 720ml¥1,650)。

美智子上皇后様が皇太子妃時代に英国から贈られたバラ「プリンセス・ミチコ」の花から酵母を分離、培養した東京農業大学バラ酵母PM-1で醸した香り華やかで石鎚らしいきれいさと滑らかさを兼ね備えた「プリンセスミチコ」の名に恥じない、気品のある味わい。

昨年飲んだ中で一番美味しかった!と言って下さるお客様もいる銘品です。フルーティーですが甘すぎない、上品な味わい。まだの方はぜひお試しを!

Dsc01678

「土佐しらぎく 純米吟醸山田錦生薄氷」(1.8l¥3,740 720ml¥1,870)。

こちらも待っている方多数。「薄氷うすらい」シリーズ、今年とってもいい出来栄え。この山田錦の生も青リンゴのような果実味に後味に少しラムネっぽさを感じるジューシーな味わい。ナチュラル美味しい味わいです。

 

こちらはラベルが春らしくなりました。

Dsc01673

「59Takachiyo 純米吟醸生はなふぶき」(1.8l¥2,860 500ml¥1,100)。

こちらはなんと言ってもコスパの良さ。ジューシーですがキレの良さもある甘口の味わい。見ていて楽しくなる可愛いラベルもGOODです。

 

春らしいといえば、こちら。

Dsc01679

「田酒 純米吟醸百四拾」(720ml¥2,035)は青森の酒米「華吹雪」50%精米の純米吟醸。なめらかでフルーティーな味わいです。

今年もお花見は大々的にはできませんが、桜ラベルのお酒でご自宅でお花見気分を楽しみましょう!

 

さて、訳あってお預かりしている元野良猫のクロちゃん、ようやくお家での生活に慣れてきました。

Dsc01671

手前に伸びているのは我が家のクロちゃん。黒猫あるあるでほとんどの黒猫はクロと呼ばれているので、預かっている黒猫さんも元の飼い主さんもクロちゃんと呼ばれていました。預かっているので、名前を変える訳にもいかず、我が家のクロちゃんはクロちゃん一号、預かりのクロちゃんはクロちゃん2号としています。仕方ないのでクロちゃん2号には首輪をつけました(笑)。

| | コメント (0)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »