« 59Takachiyo 愛山・一本〆&写楽 酒未来 | トップページ | 春霞栗ラベルひやおろし&国権純米吟醸秋あがり »

2019/09/05

ひやおろし

朝晩涼しくなってまいりました。

秋の酒「ひやおろし・秋上がり」も徐々に入荷しております。

Dsc02732

「土佐しらぎく 純米吟醸吟の夢ひやおろし」(1.8l¥3,240 720ml¥1,620)は、柔らかな旨みを感じる飲みやすい味わい。「手取川 秋純米辛口」(1.8l¥2,916 720ml¥1,404)はメロン様の果実味をほんのり感じる旨味ある味わい。「陸奥八仙 緑ラベル特別純米ひやおろし」(1.8l¥3,024 720ml¥1,620)は、ほんのりグレープフルーツの様な爽やかさもありつつキレの良いバランスの良い味わい。

 

↓はより「ひやおろし」らしい味わいです。

Dsc02731

「日置桜 純米ひやおろし山装ふ」(1.8l¥2,808 720ml¥1,404)は、今年は蔵人の高田昭徳さんが作った強力を使用。口に含むと力強い旨味としっかりとした酸味がガツンときます。その後、日置桜らしい引き締まったシャープさを感じます。生詰めなので冷やしてますが飲用温度は常温・お燗がおすすめです。

「十旭日 純米ひやおろし」(1.8l¥2,916 500ml¥1,080)は毎年大好評のイチョウラベル!十旭日の中では飲みやすい、否!落ち着いた旨味があって辛口のひやおろしらしいひやおろしです。こちらも常温・お燗がおすすめ!

「石鎚 特別純米ひやおろし」(1.8l¥2,916 720ml¥1,458)は上記二つより少しほっそりめの旨味とキレのある味わい。こちらも毎年人気の食を美味しくするひやおろしです。

 

今週の月曜日は二戸の南部美人さんの瓶詰蔵及び冷蔵庫完成披露祝賀会に参加させていただきました。

Dsc02727

↑は祝賀会での鏡割りの様子。最新の瓶詰めラインと氷温冷蔵庫が稼働することにより、お酒へのダメージが少なくなり、品質の更なる向上が期待されます。それに伴い、ラベルも令和元年酒造年度より↓のものに変更となります。

Dsc02728

あ、雄三スペシャルはちなみにこのラベルとはなりません😃

 

|

« 59Takachiyo 愛山・一本〆&写楽 酒未来 | トップページ | 春霞栗ラベルひやおろし&国権純米吟醸秋あがり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 59Takachiyo 愛山・一本〆&写楽 酒未来 | トップページ | 春霞栗ラベルひやおろし&国権純米吟醸秋あがり »