« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019/05/31

国権 純米辛口生青てふ

Dsc02494

国権の辛口純米赤てふの生酒バージョン「国権 純米辛口生青てふ」(1.8l¥2,592)が入荷しました!

実はこの辛口純米は数件の先鋭(?)酒販店で国権酒造さんに頼んで作っていただいたもの。造りの時には蔵にお邪魔して少し(?)お手伝いいたしました。予定ではもっと辛口に造っていただくはずだったのですが、酸とのバランスでこれ以上発酵させるとよろしくない、との細井専務の判断により、なめらかな旨味のある辛口に仕上がりました!国権ならではのバランス感。自信作です!どうぞお試しください!

そして、

Dsc02495

新潟の高千代酒造さんからは「59Takachiyo 純米吟醸生美山錦」(1.8l¥2,916)も入荷しています。

こちらは美山錦59%精米、1801酵母で醸したジューシー甘口。ですが、他のお米よりはきれいさもあり、今の時期にぴったりの味わい。夏酒あまりお好きでない方におすすめです。

| | コメント (0)

2019/05/24

九頭龍 純米夏しぼり&ゆきの美人 純吟山田錦6号酵母

本日二回目。

こちらも入荷してます。

Dsc02491

「ゆきの美人 純吟山田錦6号酵母火入れ」(1.8l¥3,456 720ml¥1,728)は山田錦の旨味と6号酵母による爽やかな口当たりと心地よい酸味が特徴。

「九頭龍 純米夏しぼり」(1.8l¥2,808 720ml¥1,296)は夏にしか出会えない、九頭龍のしぼりたて原酒です。搾りたての純米酒特有の爽やかで瑞々しい味わいが醸造技術の進歩により夏にお届けできるようになりました!

今週は火曜水曜と連休でした。火曜は夕飯を作りながら、このお酒を飲みました🎵

Dsc02488

リンゴで造られたアルコール度数4.5%のクラフトサイダー。

「ホークス」はイギリスはロンドンでサイモン・ライトによって2015年に創立されたサイダーブルワリー。この「オーチャード」(500ml¥540)は、ロンドンで栽培された数種類の品種のリンゴをブレンドして造られた、ミディアムドライのクラフトサイダーです。

口に含むと皮ごとすりおろしたようなリンゴのフレッシュな香りが広がり、口当たりはシュワシュワで甘酸っぱいリンゴの風味が爽やかに広がります!一口目がアルコール感をあまり感じないので、ゴクゴク一気飲み😃でも、1本のみ終わる頃は軽く酔っていました。ほとんどジュース感覚のサイダーです。あまり飲めない方にもおすすめです。

この日は純烈が141日ぶりにNHKに復帰する「うたコン」の放送日。始まる前からテレビの前でドキドキでしたが、純烈の歌唱の頃にはもう涙・涙・・・。ここずっと録画していた「うたコン」を何度も見返しております。

 

| | コメント (0)

獺祭 純米大吟醸三割九分島耕作令和記念ボトル

すでに残り少なくなってますが、入荷しております。

Dsc02489

「獺祭 純米大吟醸三割九分島耕作令和記念ボトル」(720ml¥2,494)は、令和に改元された5月1日に搾った獺祭純米大吟醸三割九分に島耕作のイラストラベルを貼った令和記念ボトルです。もう残り少なくなっていますので、ご入り用の方はお早めに!

夏酒も色々入荷してます。

Dsc02490

「琥泉 純米吟醸原酒 夏の原酒」(1.8l¥3,024 720ml¥1,512)はアルコール度数16度の一回火入れの原酒です。一回火入れですが、ピチピチ感も感じる爽やかでキレのある味わい。軽い味わいの夏酒の中では味わいもあっておすすめです!

「土佐しらぎく 涼み純米吟醸八反錦」(1.8l¥2,916 720ml1,458)は反対にアルコール度数14度台でピュアで透明感のある味わいに仕上げた涼やかで軽快な味わい。今日のような暑い日にはちょうどいい味わいです。

そして

Dsc02493

福島の仁井田本家さんからは「夏の穏 純米吟醸」(720ml¥1,890)も届いています!

「夏の穏」は「穏 純米吟醸」の中汲みです。白麹仕込の一回火入れですが、発酵由来のガス感を含んだマスカットの様なフレッシュな吟醸香もあり、甘味と酸味のバランスも良いジューシーな味わいです。

| | コメント (0)

2019/05/17

超裏雅山流

昨日ご紹介しました「花陽浴 直汲み純米大吟醸生美山錦」は完売しました。

申し訳ございませんがどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、雅山流の新しいシリーズ「超裏雅山流」シリーズ二種類が入荷しました!

Dsc02482

この「超裏雅山流」は雅山流で受け継がれてきた「クリーンでフレッシュ、遊び心を持って自由な発想で」というコンセプトはそのままに、これからのスタンダードとしての商品の在り方を模索するために生まれたシリーズです。

「超裏雅山流 特別純米緑風」(720ml¥1,860)は美山錦60%精米の特別純米無濾過生詰。酵母はナント!製造責任者である新藤雅信氏が大学在学中に実験で分離した協会7号系の遺伝子情報を持つ自己分離酵母を使用しています。

平成初期に新藤酒造店で仕込んでいた伝統的なタイプの酒質を最新の技術により大幅にクオリティアップさせて再現したのが、この「緑風りょくふう」です。現在の雅山流とは違った、7号酵母系の爽やかさとシャープさを持つキレのある辛口の味わい。昭和から平成を代表する味わいです。

「超裏雅山流 純米酒青風」(720ml¥1,350)は新藤雅信氏が大学から蔵に戻り、平成という時代の中でゼロから蓄積してきた技術により確立した、スーパー本醸造と言われるような現世代のスタンダードを改めて考え直したとき、今後考えられるで次世代のスタンダードを雅山流なりにいち早く構築していこう、という思いから生まれました。在来の山形酵母系の最新の山形酵母を採用し、出羽の里の特徴を生かして、香り適度に華やかでクリーンでバランス良く軽快な軽快な味わいを気遣いなく味わえるような、令和時代のスタンダードとして提案する純米酒です。

 

この2本、飲んで頂くと「時代」を感じます。「緑風」は平成初期に全盛だったキレのある辛口、「青風」は今の雅山流らしい華やかでやわらかく軽快なフルーティーな味わい。どうぞ飲み比べてみてください。

| | コメント (0)

2019/05/16

たかちよサマーブルー

今週は初夏のような爽やかなお天気のようですね。

湿気が無いと暑くても爽やかです。このくらいの気候だと夏酒もいい感じですね!

夏酒色々と入荷しております。

Dsc02481

「豊潤無蓋たかちよ 純米大吟醸無調整生原酒サマーブルー」(1.8l¥3,456 720ml)はパイナップルをイメージして造られた48%精米の純米大吟醸生。ジューシー甘口がお好きな方におすすめです!

そして、

Dsc02479

「日置桜 特別純米生酒山滴る」(1.8l¥3,132 720ml¥1,6520)は完全発酵させた日置桜の夏酒です。しっかりした造りなので、口に含むと渋みと旨味が口に広がりますが、後口はシャープ。軽い味わいの夏酒とは一線を画す味わいです。

「手取川 夏純米辛口」(1.8l¥2,916 720ml¥1,350)は辛口とはありますがそれほど辛くはなく、メロン系の香りのあるすっきりとした味わい。

そして、こちらも販売いたします。

Dsc02480

「花陽浴 直汲み純米大吟醸生美山錦」(720ml¥1,950)。ただ、入荷量が少ないので店頭販売のみのお一人様1本限りで他に日本酒(田酒・新政・寫楽以外)同容量1本お買い上げ頂いた方への販売とさせていただきます。←完売しました

| | コメント (0)

2019/05/11

雅山流 影の伝説・雪女神

このお酒とってもいいです!

Dsc02473

山形の「雅山流 影の伝説・雪女神」(1.8l¥4,104 720ml¥2,052)。山形で新しく開発された酒造好適米「雪女神」50%精米の大吟醸無濾過生酒。優しい甘味もありながらクリーンでフレッシュ!このバランス!素晴らしいです。出羽桜の雪女神も良かったですし、雪女神いいですね。

Dsc02475

そして、福島県会津若松市より「辰泉 純米吟醸Sec辛口生」(1.8l¥2,987 720ml¥1,494)と「辰泉 純米吟醸Standard Edition」(1.8l¥3,024 720ml¥1,512)も入荷しました!

「辰泉」さんのお酒は派手さはありませんが、料理の味をひきたてるしみじみとした旨さがあるお酒です。「辰泉 純米吟醸Standard Edition」は、柔らかな旨みが感じられる辰泉のスタンダード純米吟醸です。「辰泉 純米吟醸Sec辛口生」は五百万石55%の旨味もありつつ爽快感もあるキレの良い辛口のお酒。初夏におすすめの味わいです。

 

| | コメント (0)

2019/05/10

三千櫻 地酒SP番外編

令和になり、すでに10日・・・・・。遅い投稿でスミマセン・・・・。

 

10連休いかがお過ごしでしたか?私は30日の晩より3日までツレの実家に帰省しておりました。実質3日のお休み。これ以上休むと絶対ぼける・・・、と確信したお休みでした😃

さて、本日ご紹介するのは

Dsc02471

岐阜の「三千櫻 地酒SP番外編純米酒生」(1.8l¥2,467 720ml¥1,234)。通常の地酒SPとは使用するお米が違い、麹米にきたしずく55%精米のものを掛米には一般米70精米のものを使用しています。

口に含むと甘露飴のような優しい甘味を感じますが、キレはよく後口爽やか。価格も連休明けの厳しい懐に優しい価格。晩酌におすすめです!

そして、本日夏日とのこと。まだ、早い気もしますが、夏酒も入荷しております!

Dsc02472

弊店の夏酒売り上げNO.1「石鎚 夏吟」(1.8l¥2,700 720ml¥1,350)はリンゴのような爽やかな果実味がありながらすっきりと軽快な味わいで暑い日にもゴクゴク飲める味わいです。

「陸奥八仙 夏吟醸」(1.8l¥3,024 720ml¥1,620)は優しい甘味にすっきりとした味わい。これからの季節におすすめです!

 

 

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »