« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018/08/27

陸奥八仙ひやおろし&59Takachiyo 純米吟醸生チャプターⅩ

涼しくなった後のここ2,3日の猛暑。なんだか応えますね・・・・。

まだまだ暑いですが、日本酒業界は少しづつ秋に近づいておりますwink

ひやおろしがボチボチ入荷し始めております。
Dsc02221

「陸奥八仙 特別純米緑ラベルひやおろし」(1.8l¥3,024 720ml¥1,620)はグレープフルーツのような爽やかな果実味が感じられるバランスのよい味わいになっています。
「59Tkachiyo 純米吟醸生 チャプターⅩ AI-IPPON」(1.8l¥3,240 500ml¥1,296)は巨峰のようなジューシーな甘味とまだ若さを残したピチピチした口当たり。愛山と一本〆を使用しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/24

早くも

今年の甲子園、いい試合が多く面白かったですね。早くもドラフトが楽しみです!
吉田くん、ライオンズに来てほしいけど、投手の補強が必須なライオンズの一位指名は地元・浦和学院の渡辺くんでしょうか?どちらかが来てくれれば最高です。

さて、早くも秋の酒が入荷しました!
Dsc02218

手取川 秋・純米辛口」(1.8l¥2,916 720ml¥1,350)
吉田杜氏に代わり、味わいが全体的に軽やかになった手取川さん。この秋純米もバナナ系の香りがあり、爽やかな味わいです。まだまだ残暑厳しい今、飲むのもいいですし、もう少しおいて、まろやかになったのを楽しむのもあり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/13

東鶴 純米吟醸白麹仕込み

お盆ウィーク、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
弊店は15日から17日までお休みいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします!

さて、話題の「獺祭 純米大吟醸島耕作」ですが、店頭予約の段階で弊店入荷分すべて完売してしまいました・・・。
ご案内できず申し訳ございません!

今回ご紹介するのは・・・
Dsc02212


「東鶴 純米吟醸白麹仕込み」(1.8l¥3,240 720ml¥1,620)。
白麹を使用して醸した純米吟醸。白麹使用による独特の酸味と甘味が甘酸っぱい味わい生み出しています。アルコール度数も14度と低めですので、飲みやすく残暑にピッタリ!
東鶴の新しい挑戦を是非お試しくださいwink

そして、
Dsc02213


人気の寫楽より「寫楽 純米吟醸酒未来」(1.8l¥3,780 720ml¥1,890)も入荷しております。
お一人様1本限りとなりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/04

続きますが・・・

今朝、朝霞台で電車に乗ったら、目の前に神木隆之介そっくりさんが乗っていました。鶴瀬で降りたので、そっくりさんではなく、ほぼ本物だと思います・・・・。というもの、神木隆之介さんは富士見市出身。実家に帰ったのでしょうかsmile

さて、愛山に続き、酒千蔵野さんより「川中島幻 純米大吟醸無濾過生原酒ハーモニックエモーション」(1.8l¥4,968 720ml¥2,484)が入荷しました!美山錦48%の純米大吟醸の中取りと山田錦35%の純米大吟醸をブレンドして6ヶ月低温で熟成し香味のバランスが絶妙になった頃に出荷される限定品です。
Dsc02208


そして
Dsc02209
新潟の高千代酒造さんより「豊醇無蓋たかちよ 扁平精米無調整うすにごり活性生」(1.8l¥2,592 720ml¥1,292)はライムやデラウェアのような果実味とシュワシュワした口当たりが嬉しい活性生です。発泡してますので、開栓の際はお気を付けください!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/02

川中島幻舞 純米吟醸無濾過生原酒愛山&琥泉 純米無濾過生原酒

昨日、阿久悠さんのリスペクトコンサートがテレビでやっておりました。
何気なく見ていると、チャーが出演しているではありませんか!一発録画でチャーの部分だけ録画しましたhappy01
齢63歳とは思えぬかっこよさ。歌よりやはりギターが素晴らしかったですが、「気絶するほど悩ましい」はやはりかっこよかったです・・・。

さて、最近入荷すると即完売となっております、長野の酒千蔵野さんより「川中島幻舞 純米吟醸無濾過生原酒愛山」(1.8l¥3,888 720ml¥1,944)が少量入荷しました!南国フルーツのようなジューシー甘口です。
Dsc02206

兵庫からは泉酒造さんより「琥泉 純米無濾過生原酒」(1.8l¥2,538 720ml¥1,269)も入荷しました!
しぼりたてではありませんが、しぼったばかりのお酒を氷温貯蔵しているため、ピチピチ感も残しつつ、味はきれいな旨みも生まれ、キレもいい味わいとなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »