« 別誂&新・影の伝説 | トップページ | 久々に »

2015/03/10

川中島幻舞 特別純米無濾過生原酒山田錦

花陽浴とともに甘くジューシーな味わいで人気の長野の「川中島幻舞」。山田錦の無濾過濾過純米生原酒が入荷しました!
P1014106


花陽浴の山田錦と飲み比べてみましたが、幻舞のほうがボリュームを感じます。人によっては幻舞のほうが甘い!という人もいらっしゃいますが、このボリュームのせいかもしれません。ま、純米吟醸と純米という違いもありますし。

で、試しにこの後に春霞も試飲してみると、シャープさミネラル感が際立ちます!
花陽浴、幻舞とはまた違った味わいですが春霞も美味しいです。

話は変わりますが、「花燃ゆ」が始まったので、あらためて「世に棲む日々」を読み返し、川島雄三監督の名作「幕末太陽傳」を見ています。
有名な高杉晋作が作ったという「三千世界の烏を殺し主と朝寝がしてみたい」という歌(?)ですけど、先日放送された「花燃ゆ」で高良くんがやってましたが、うーん、まだしっくりいってないような・・・・。
とはいっても「幕末太陽傳」での石原裕次郎のも私の理想とする高杉晋作像とはちょっと違うんだよなあ~。
やっぱり伊勢谷くんの高杉晋作がかっこよかったなあ~。あと、アフロヘア時代の吉田拓郎もやってるんですけ
ど、これが意外とはまっていて、私の高杉晋作というと実は吉田拓郎だったりします。

私の高杉晋作像なんてどうでもいいことなんですが、司馬遼太郎氏の「世に棲む日々」っていうのは司馬遼太郎氏の中でも一番読みやすい本だと思います。たぶん出てくる人物がみんな魅力的というのも、司馬さんも書いていて楽しかったのではないでしょうか?

|

« 別誂&新・影の伝説 | トップページ | 久々に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川中島幻舞 特別純米無濾過生原酒山田錦:

« 別誂&新・影の伝説 | トップページ | 久々に »