« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014/07/26

庭のうぐいす

九州では小倉に滞在していたのですが、少し足を延ばして久留米にある「庭のうぐいす」を醸す山口酒造場さんにも行って参りました。
Dsc00093


山口酒造場さんの創業は1832年(天保3年)。山口家5代目当主の山口利七さんが酒造りを始めたそうです。現在の当主は11代目の山口哲生さんで1969年生まれ。
「庭のうぐいす」の酒銘の由来は、母屋の庭にうぐいすが毎日のように飛来して、庭の湧き水を飲んだり水遊びをする姿を見た利七さんがきっと清らかな水に違いないと思い、酒造りを決意したことによるそうです。

↓がその庭の湧き水。
Dsc00111_1

ここ数年で「庭のうぐいす」の酒質が変ったように感じていましたが、目指す酒質を食中酒にしながらもフレッシュで味が乗っていて甘味のあるものに移行したためのようです。また、あの「ウッドソン」という洗米機を導入したことでキレイな酒質になったことにあるようです。
Dsc00102


さて、今回の蔵見学で私が一番びっくりしたのは実はこちらのキルト。
Dsc00095

このキルトには「写楽」という名がついております。

このキルトの作者はナント!10代目の奥様の山口玲子さん。11代目のお母様ですね。
山口玲子さんといえば、パッチパークの世界ではとても有名な方。私はパッチワークしないですが、義母がパッチワークを趣味にしている関係で山口玲子さんの作品集を持っており、その作品集の中にこの「写楽」も載っているのでした。や~、不思議な縁を感じます。

蔵に行かなければまったく気がつかないでいるところでした・・・。やはり蔵見学には行かないといけませんね~。

こんなに壮大なキルトも飾られていました。
Dsc00114

パッチワークというとアメリカンキルトの可愛らしいものを想像しますが、山口玲子さんの作品は酒蔵に嫁いだこともあり、古い着物の布を使った和を感じるものです。
この感性を11代目の山口哲生さんも引き継いで、今の斬新なうぐいすのラベルになっているのかもしれません。

Dsc00120_1


お昼は久留米といえば「とんこつラーメン」!ということで、有名な「大砲」でとんこつラーメンをいただきました。
博多も小倉もラーメンよりはうどん文化で久留米がとんこつラーメンの発祥の地なのだそうですよ。

さて、只今弊店でおすすめの「庭のうぐいす」のお酒は「庭のうぐいす 純米吟醸いなびかり」(1.8l¥3,240)。
Dsc00140


夏の限定商品ですが、目指す酒質通り、フレッシュで酸も感じながら優しい甘味があるキレイな味わい。
もう本数残り少なくなっていますが、是非お試し下さいませ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/24

今話題の・・・

今一番ホットな福岡は飯塚の炭鉱王・伊藤伝右衛門邸に行って参りました

伊藤伝右衛門さんは今放送中の「花子とアン」の炭鉱王・嘉納伝助さんのモデルであります。
__


___2_2

敷地は2300坪だそうです。この生活を捨てるとは・・・・。いくらお金があってもかごの鳥というのは辛いのでしょうねえ
ただ、伊藤伝右衛門さんがドラマのような吉田鋼太郎さんみたいだったら、細っこい帝大生より私なら吉田さんのほうがいいんだけどなーま、関係ないですが。

私が九州に行っている間に↓のお酒が入荷しとりました。
Dsc00137

陸奥八仙 HFK88 1.8l¥2,700
華吹雪88%精米。白麹を使用し、程よい甘味を残した味わいとなっています。数量限定、お早めに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/13

山本 緑

昨日のスーパームーン、キレイでしたね。
夜中に起きたら、満月のお月様の明るいこと。月の光っていうのは神秘的というか浄化されるような感じを感じます。

さて、昨年も人気だった「白瀑」の純米吟醸「山本」美郷錦(緑ラベル)(1.8l¥3,292)が入荷しました
Dsc00092


今年も昨年に引き続き大潟村の生産者、山本直司さんから直接購入した美郷錦を使用。夏にぴったりな酸が爽やかでキレ味抜群の味わいに仕上がっています。

写真の右に写っているのは、勝沼醸造さんから入荷した「アルガーノ露是」(750ml¥2,592)。メルロー、カベルネ・フラン、マスカット・ベリーAを使用した贅沢なロゼワインです。ロゼワインは色もキレイですし、魚料理でも肉料理にもあいますので、夏にみんなとワイワイやるときにぴったりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/06

埼玉の味

本日発売の読売新聞埼玉版に「コエドナド・バレルエイジバージョン」の記事が載っておりました。
Dsc00091

ご覧になられた方いらっしゃいますか?

この「コエドナド・バレルエイジバージョン」は、米国のビールメーカー「コロナドブルーイング」と開発した黒蜜やきな粉の風味のあるアルコール度数9.5度の「コエドナド」をイチローズモルトで熟成に使われた木樽で熟成させたもの。コエドビールもイチローズモルトもどちらも麦を原料に、埼玉から積極的に世界に発信するなど共通点が多く、今回のコラボビールの発売となりました。

ただし、このビールは飲食店様でしかお召し上がりになることができません

どこで飲めるの?とお思いの方、ご安心を

鶴瀬では、3552食堂さんと巌窟屋さんでこの「コエドナド・バレルエイジバージョン」を飲むことができます

明日配達しますので、飲めるのは早くとも明日の夜からでしょうか?

埼玉が誇る地ビールメーカー「コエドビール」とウィスキーメーカー「ベンチャーウィスキー」のコラボビール是非3552食堂さんと巌窟屋さんでお召し上がりください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/04

獺祭 古酒

本日入荷しました。
Dsc00089


獺祭の古酒。古酒なんてあったんですね。
50の貯蔵年数の違うものをブレンドすたもの、としか蔵からのFAXには書いてありませんが、20年貯蔵したものと3年熟成のものをブレンドしたものだとか。

720mlで4,525円です。

ところで、世間ではボーナスも出たようですね。
最近あまり欲しいものがないのですが、今切実に買おうか悩んでいるのが老眼鏡

最近夕方になると眼がショボショボしてきて、本が読み辛くなってきました・・・・。
私、コンタクトなのですが、老眼鏡ってコンタクトの人もかけていいものなんでしょうか。それとも、遠近両用のコンタクト(そんなものあるの??)に買い換えるべきなのか、悩んでいる今日この頃です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盆栽体験

先週の日曜日、大宮公園の盆栽町にある清香園さんで盆栽体験をしてまいりました

20140629imgp8752_large


20140629imgp8789_large


体験したのはモミジの寄せ植え。
20140629imgp8817_large_2

こんな小さなモミジですが、枝を切るのはなかなか勇気がいりました


園内にはこんな素晴らしい樹齢ウン百年というものも。
20140629imgp8852_large


20140629imgp8857_large

さて、七月に入り、イロイロ入荷しております。
Dsc00081


直汲みはまたまた少ないので、お早めにどうぞ。フラワスノーは今回吟醸バージョンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »