« この方は誰でしょう? | トップページ | 埼玉ウィスキーセッション2011 »

2011/08/29

思わず残り香にウットリ・・・・するお酒

週末の土曜日に「雅山流」を醸す新藤酒造店の新藤雅信氏がご来店。
9月に入るとお酒の会やらで忙しくなり、そして平成23byのお酒造りが始まるということで、酒造期前の最後の顔あわせ。

テレビの影響もあり、在庫がかなり逼迫しているご様子。人気の極月はほとんど完売状態です。
そんな訳で、昨年までは9月から販売していた、ひやおろしの「楓月」ももう解禁になりました。

P8292930


「楓月」、試飲したところ、まるで、美しい方とすれ違ったときにフワッと感じる残り香に思わずウットリするような心地・・・、とでも言ったらいいでしょうか。
も~、エレガントで美しい知的な味わいです

もってまわった言い回しですが、これは飲んでみた方にしかわからない表現ですよね~。昨年は熟成感をかなり感じましたが、今年はフレッシュさも感じながらもほどよい色気も感じる仕上がり。よいです。かなりよいです。
これは飲んで是非、実感してください

え~、まったく関係ないですが、最近ご来店されるお客様に「焼けた?どこかに行ったの?」とよく聞かれます
先日も書きましたが、ハワイとかに行ったわけではなく、彩湖にサイクリングしに行ってこうなりました
あまりにたくさんの方に言われるので、少々ヘコミ気味・・・

ですが、自転車用に久々にユニクロで大量にドライなんとかのセールになった服を買い、めげずに休みの日サイクリングしております。先日のお休みの日は、自宅より荒川左岸で彩湖に行くコースがやっと判明し、1時間半ほどサイクリングしてきました
モチロン皆さんがドン引きする、自転車用のヘルメットも装備。この秋は自転車ダイエットに挑戦です

|

« この方は誰でしょう? | トップページ | 埼玉ウィスキーセッション2011 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思わず残り香にウットリ・・・・するお酒:

« この方は誰でしょう? | トップページ | 埼玉ウィスキーセッション2011 »