« ゆきの美人 雄町 | トップページ | この方は誰でしょう? »

2011/08/23

出張料理人・小暮剛氏の世界を味わう

昨日は、某新潟の酒蔵さんの女性限定の勉強会。

まずは、勉強で、本醸造、純米、山廃純米大吟醸の三種類を常温、30度、40度、50度の温度帯で飲み比べ。
温度による味わいの違いを実感する。
個人的には、お燗は辛くスッキリした味が好きなので、私は本醸造を50度のお燗にしたものが一番好みでした。

ここらへんのお話は次回のよしのや便りに書こうと思います。ネタができてよかった~

勉強はそんな感じで、それからは懇親会。今回は、話題の出張料理人の小暮剛氏をお招きしているので、小暮氏のお料理とお酒を一緒に味わう、魅惑の夕食会となりました

いや~、お料理、素晴らしかったです!バターやクリームを使わないフレンチとあって、日本酒にドンピシャ。

お料理のメニューはこんな感じです。
P8232927

中でもモズクとキャベツが入った、真鯛風味の和風スープと天然ヒラメのムニエル キノコとツブ貝入り・生海苔・生ワカメソースが絶品!

スープはレシピを教えていただきたので、真鯛のあらが手にはいったときは作ろうと思います

世の中、いろいろな調味料やお酒が出回っておりますが、不純なものが入っていないきちんと作られたものを使うことが、美味しい料理を作るため、ひいては自分の健康になるのだ、というようなことを小暮氏はおしゃっていました。いつものように、半分酔った頭で聞いていたので、コメントはかなり違っておりますが、これは私も常日頃から思っている、安いものにはワケがある!と同じこと。

かなり刺激を受けた今回の勉強会。お世話役(?)の男性陣は皆さん大変そうでしたが、女性陣は皆大満足ですた!ありがとうございます

|

« ゆきの美人 雄町 | トップページ | この方は誰でしょう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出張料理人・小暮剛氏の世界を味わう:

« ゆきの美人 雄町 | トップページ | この方は誰でしょう? »