« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011/01/29

蕨で落語

先日も書いたとおり、昨日は蕨市民会館で開催された、立川談春さんの落語会に行ってまいりました

今一番チケットが取り難い落語家さんということで、会場は満員御礼。開始時刻10分前に談春さん本人による館内放送から昨晩の落語会は始まりました。
まずは、お弟子さんによる前座で「子褒め」。そして、談春さんが登場して、今話題の時事ネタ(?)沢尻エリカさんのことや伊豆の温泉で遭遇したというロバート・デニーロさんのお話から、落語の「おしくら」へ。
で、中入りがあり、「人間はまさかの坂を越えるのが難しい、という話しから落語の「鼠穴」へ。

7時開演の9時終演でしたが、談春さんの語りは素晴らしく、時間はあっという間にたちました。さすがだな~。

そいういえば、談春さんのおっかけを自認している。フジテレビのアナウンサー・阿部知代さんの姿もありました。わざわざ蕨まで来るなんて、本当に談春さん好きなんですね~。

しかし、いつも思いますが、落語家さんが落語でお酒を飲む仕草って本当に美味しそうに飲みますよね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/27

白瀑 しらたき 特別純米酒

今日は久々に車で出勤。ラジオからくるりとユーミンの「シャツを洗えば」が流れてきました。
朝にピッタリな歌。こうういった曲を聴くと朝から気持ちが明るくなります

さて、昨年は秋に早々と完売となってしまった、白瀑(しらたき)の特別純米酒。今年は酵母をAK-1に変更してようやく新酒が入荷しました!
おととし、昨年とフルーティーな香りのある純米酒でしたが、今年はシャープなキレのよい味わいになっています。

P1272565


このお酒が発売された当時から考えると、イモねーちゃんが都会にでてどんどんとキレイになっていくようにどんどんと酒質があがっております。
今期の特別純米酒は現代的で洗練されたシャープな味わい。女性にたとえると、今一番輝いている吉瀬美智子さんのような感じ?
山本友文栽培醸造家の進化が如実に感じられる特別純米酒。是非、ご賞味を

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/22

「5LDK」&「あさイチ」

昨晩のカタール戦、ようやく香川選手のゴールが決まり、そして接戦を制しての日本の勝利!よかったです

さて、そのカタール戦の前に録画しておいた、「5LDK」と「あさイチ」を鑑賞。
「5LDK」は、亀治郎さんがゲストということで初めて見ました
TOKIOがホストなんですね~。フウーン・・。
この頃、亀治郎さん二月の公演の宣伝のためにけっこうテレビに出てます。ファンとしては嬉しい限り。
これをきっかけに歌舞伎に興味を持ってくれる方が増えてくれればよいのですが・・・。

「あさイチ」はゲストが落語家の立川談春さんだったので、こちらも録画しました。談春さん埼玉出身ということは知っておりましたが、私が今住んでいる戸田市と同じ戸田出身だったとは!
来週の金曜日に蕨で談春さんの落語会がありますが、それも談春さんの出身地近くということで実現したんでしょうか?この落語会も行く予定なので、今から楽しみ
それにしても、談志師匠からの談春さんへの手紙がすごかった。あんな文章は書けませんね~。談志師匠が天才だということが改めて分りました。

P1212562


さて、そんなテレビを見ながら、昨晩飲んだのは、富山の「満寿泉 純米吟醸生」。しぼりたてです。
しぼりたてなんで、後味にまだ渋みがあります。昨年もしぼりたての頃は酸が際立っていて、熟成させたほうがよかったので、これは大器晩成型かなあ~。できたてはできたてのよさもありますが、この酒はもっとよくなりそうな予感

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/20

國権 純米生原酒「垂れ口」

先日、芥川賞と直木賞の発表がありましたねー。どの作品も読んだことがないので、作品自体には特に感想はなかったのですが、賞の受賞理由を語っていた島田雅彦氏の髪型がとーっても気になってしまった私です・・・。

あれは、寝グセではないのか?おしゃれなのか?
でも、たとえ寝グセであったとしても、島田センセイ、ハンサムだなー、あれでは銀座でモテモテだろうなー、と賞とは関係ないことをアレコレ考えてしまいました

P1202561


さて、さて、福島は南会津の豪雪地帯・田島の酒蔵、國権酒造さんより、純米生原酒「垂れ口」が入荷しました
夏にお邪魔したときに、熱く語っていた通り、「垂れ口」より季節品はラベルをリニューアル!今年のラベル大賞を狙っています

開けたばかりだと酸が強いように感じますが、2日めからお米の旨みも浮き出てきて、バランスよくなります
ラベルよし、味もよし、で今年は國権、飛躍の年になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/17

ウチくる?

昨日の「ウチくる?」のゲストは、市川亀治郎さん。
もちろん、録画してバッチリ見ました

亀治郎さんといえば、慶応大学出身ということで、昨日の「ウチくる?」は三田近辺のお店が多く登場してました。
お友達も梅沢富男さんやら知らない芸人さんやら多士済々。
舞台以外の亀治郎さんはごくフツーの青年です。そんな亀治郎さんのよさが画面から感じられ、余計にファンになりました
実は、私、亀治郎さんのファンクラブにこの間入会したばかり
たしか今日だったか?帝国ホテルでファンクラブの集いがあるしいのですが、これはまだまだ初心者なので、今回は見送りいたしました。来年はなにがあっても行きます

P1172558_2


さて、新酒が続々(?)入荷しておりますが、その中でも今イチオシなのが、「土佐しらぎく 八反錦あらばしり」。
7号酵母使用なので、清清しい香りながらジューシーな仕上がりでとーっても美味です
今年こそは高知行きたいなあ~。でも、まだ龍馬伝効果で高知は観光客が多いのでしょうか・・・?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/01/16

寒いので・・・

寒いですねー。店の中は冷蔵庫必要ないんじゃないか?というくらいの冷気
今朝は一番寒いのではないでしょうか・・・?

こう寒いと、お客様も燗酒をご希望の方が多くなります。
そこで、只今おすすめなのは、「神亀 華吹雪純米酒」
なんと!?青森県産の酒造好適米・華吹雪を用いて神亀が純米酒を造っちゃいました~

お味は、通常の辛口純米酒よりも、お米の旨味・甘みを感じるバランスの良い味わいで、熱めのお燗にすると辛口になってスイスイ飲めちゃいます
寒い夜には、こういうお酒で体も心もホットになってください!

P1132550


さて、只今、アノ?予約がとれない和食店「賛否両論」の店主・笠原将弘さんの料理本「和食屋のおかず汁101」にはまっております
まだ、それほど作っておりませんが、「つくねとキャベツのさっぱり汁」「和風キムチチゲ」「さけつみれの根菜汁」「まいたけバターみそ汁風味」などを作ってみましたが、どれも美味です。
今日は一段と寒いので、「和風ホワイトシチュー」か「かぼちゃのスープ」でも作ろうか、本とにらめっこしております。
和食屋さんの料理本なので、日本酒とも相性のよい汁物がたくさんのっています。おすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/14

新春浅草歌舞伎

12日に浅草公会堂で行われている「新春浅草歌舞伎」の第一部に行って参りましたP1122544


仲見世も「新春浅草歌舞伎」の看板を飾ったりして、浅草の町全体で「新春浅草歌舞伎」を盛り上げている感じ。
いいですね~。この雰囲気。
一月ということもあり、町は着物姿の方も多し。
しかしながら、ワタクシは時間的余裕がなく、今回は洋服での観劇となってしまいましたくー、残念です

P1122547


一部の演目は、「三人吉三巴白浪」と「独楽」。「三人吉三巴白浪」はお坊吉三に市川亀治郎丈、お嬢吉三に中村七之助丈、和尚吉三に片岡愛之助丈。
私が見た時は、元気に(みえましたが)愛之助さんが和尚吉三を演じておられましたが、実はインフルエンザだったらしく、私が見た次の日から休演となったとのこと。
おととし新橋演舞場で見た「三人吉三」のお坊吉三役の愛之助さんよりも今回の和尚吉三役のほうが素晴らしかったので、大変残念です。早く良くなって、早く舞台に戻ってください!

でも、舞台をお休みするほど悪くなったのは、やはり、12月から休む間もなく舞台にたっていたからなのでしょう。例の京都の顔見世は海老蔵丈の代役で愛之助さんが立派に舞台をつとめて男を上げたのはご存知の通り。

さて、話しは戻りまして、新春浅草歌舞伎は普通の歌舞伎の公演とはひとあじ違っておりまして、舞台が始まる前に「お年玉」として一人の役者さんが舞台挨拶(口上)を行い、またちょっとしたおしゃべりをいたします。私が見たときは、亀鶴さん。おしゃべりはフツーの男子という感じのくだけて口調で大変面白い。

肝心の舞台ですが、若手中心ながらなかなかの出来栄え。亀治郎さんの「独楽」の踊りは素晴らしい!の一言。
七之助さんのお嬢吉三もいいことはいいのですが、菊乃助さんが演じたお嬢吉三があまりにも素晴らしかったので、それと比べてしまうと、あともう少しなにかがあれば・・・、という感じ。

でも、全体的には今やっている新橋演舞場の一月公演(これも実は行ってきました)よりも楽しく見られました。やっぱり、若い役者さんのほうが見ていて楽しいのです

P1122546


そうそう、浅草歌舞伎は初日に役者さんが鏡割りをしてお客様に日本酒をふるまう、というサービスがあるのですが、そのお酒はナント!「鏡山」なんです!
ということで、劇場入り口には「鏡山」の孤樽が飾られております
歌舞伎好きの方、是非「鏡山」もよろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/10

成人式

今日は成人式ですねー。
通勤途中の電車内で数人の振袖を着たお嬢さんを見て、「ん~、成人式かー。今日から(?)いい酒を飲んでくれよ!」と心の中でエールを送りました

成人式といえば、私の場合はもう21年も前のことですが、実は悲しい思い出があります

成人式の会場に中学の友人と連れ立って出かけ、会場であった小学校の体育館で来賓の話しを聞いているとき、ふと近くの女の子の着ている振袖を見ると、私の着ている振袖と全く同じものではありませんか!
周りにいた友人は気を遣ってくれたのか、そのことに関しては何も言わなかったのですが、その女の子と私は当然、顔は蒼白になっていたと思います

そのかぶってしまった振袖ですが、実はかなり奮発して買った(親が)モノだったのです。ですから、まさか自分と同じ振袖を着ている人がいるなんて夢にも思わなかった私でした。

しかし、年を経て考えると、振袖を買った店は着物の有名チェーン店。お店の方の説明では、有名(?)な先生の着物だという触れ込みでしたが、当然量産されていたものだったのでしょう~。
ちょっと、ほろ苦い成人式の思い出です。

まあ、親には悪くて同じ着物の人がいたとは今でも言っていません。
でも、着物は今見ても可愛い着物なんです。自分に娘ができたら、成人式にはこの着物を着てもらいたいなあ~、と昔は思っていましたが、その夢はかなわず・・・・。
振袖、売るのはこれまた親に悪いしね・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/01/07

はじめてのブック・オフ

おとといのお休みの日にはじめて、ブック・オフに本を売りに行ってきました。

文庫本3冊、新書1冊、ハードカバー6冊で合計金額910円也。文庫は一冊30円の査定価格・・・・
ツレは「へー、そんなについたんだ。妥当じゃないの。」との感想。まあ、文庫はほとんど105円で売られていますから、妥当な価格なのでしょうね~。
まあ、ちょっとしたお小遣いになりました

P1042534


さて、年末に日本酒業界を震撼とさせた(?)話題のお酒「next5」をようやく引き取りに行き、飲んでみました
飲んだ方はみんな「美味しい!」と絶賛している通り、ホント、ジューシーで美味でした

P1072537


ただ、500mlはすぐになくなってしまいます・・・。もう少しこんなのが飲みたいなー、という方には、「next5」のお一人でもある、「ゆきの美人」の純米吟醸生がおすすめです
昨年から取り扱いを始めておりますが、と~っても評判がよろしく、とにかく現代の食卓にあう酸のきれいな美人なお酒です。
今年は大ブレイクの予感

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/01

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

旧年中はご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。
お蔭様で、無事、昨年の営業を終了し、新年を迎えることができました。
ありがとうございます。

本年は昨年足りないなあ、と実感したところを改善して更にお客様に満足していただける酒屋になるべく頑張っていこうと存じます。
本年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます!

あ、夕方6時までですが、お正月も営業しておりますので、お酒が足らなくなりましたら、どうぞご来店くださいませ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »