« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010/11/29

越後で候

昨夜で「龍馬伝」終了しましたね~。ここのとこ、見てなかったのですが、暗殺者役の亀治郎さんがどんな演技をするのかが見たくて、久々に見てしまいました。亀治郎さんの暗殺者、狂気をはらんでいて「さすが!」でしたね~。

さて、巷では10月に発売され大変な人気となっている八海山のしぼりたて原酒「越後で候」。通称「青越後」。
遅ればせながら、弊店にも入荷しました。
Pb292510

今年は秋がなく、なんとな~く季節感をあまり感じられなかったのもあり、「しぼりたて」を10月に売るのってどうよ?との想いから弊店への入荷を12月に設定していましたが、他のしぼりたてもボチボチ入荷していることから、少しだけ時期を早めて仕入れました。
まだ飲んでないけれど、とっても美味しいらしい、です


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/27

鷹勇 山廃純米酒60%

新酒もいろいろ入ってきていますが、この時期は旨味ののった円熟の味わいのお酒も美味です。
私の今の晩酌のお酒はコレ。

Pb252507


鷹勇 山廃純米酒60%。
山廃独特の酸味とコクが思いっきり楽しめます!常温&お燗が美味。
これもどちらかというと、お酒のみのお酒です。万人受けするお酒ではありませんが、こういったお酒は飽きがこないですねー。どっしり&コックリしたお酒が飲みたいときに是非どうぞ!

さて、只今、写真にもありますように、万城目学さんの「プリンセス・トヨトミ」を読んでます。
内容は明かせませんが、面白いです!関係ないけどお好み焼きが食べたくなります

普段は電車通勤なので、通勤中には読書に勤しみ、帰宅し夕食の用意をしたら今度はお酒を飲みながら録画した韓国ドラマを見る毎日。なかなか忙しいワタシです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/26

百楽門のどぶろく

海老蔵さん、どうしちゃったんでしょうね~。
海老蔵さんの一月の新春花形歌舞伎にするか浅草新春歌舞伎にするか、迷っていたのですが、今回は亀治郎さん見たさに浅草新春歌舞伎のチケットを購入。
不謹慎ですが、浅草歌舞伎にしておいてよかった
海老蔵さん、早く良くなってください!

Pb252505


さて、さて、まだ見ていないのですが、今月のサライに載っているらしいです。
百楽門のどぶろく
醗酵中のモロミをそのまま詰めた発泡性の生noどぶろく(720ml 1,575円)と火入れのどぶろく(720ml 1,260円)の2種類の発売です。
お早めに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/25

ラスト・スキャンダル

昨日の「ためしてガッテン」の影響で、酒粕の需要が急上昇!

酒粕もいいですけど、日本酒も適量ならばカラダによいのですよ。
酒粕をお買い求めの際は、日本酒も一緒に是非どうぞ!
酒粕は日本酒ができなければ、生まれない副産物です。

Pb252504


さて、本日は年末・年始のご贈答に大人気のお酒「ゆく年くる年」が入荷したり、百楽門の「どぶろく」が入荷したりでてんてこ舞いの一日となりました。
しかし!「ゆく年くる年」は入荷分はすべて予約で完売してしまいました。お問い合わせいただいたお客様、申し訳ありません!

ところで、22日で韓国ドラマ「千秋太后」が終わってしまい、ちょっと心に秋風が吹いていた私ですが、休憩中にチラ見した韓国ドラマ「ラスト・スキャンダル」に今度は胸をぶち抜かれてしまいました
アラフォーのためのファンタジーストーリーだそうです!主人公を演じるチョン・ジュノさんがメッチャ二枚目で親娘で「あら~ハンサムだわ」と、意見が一致。ヒロインはチェ・ジンシルさんですが、この方は元巨人のチョ・ソンミン投手の奥様だった方で、この方はたしか自殺なさっていますよね・・・・。
色々考えてみると、感慨深い作品ですが、何も知らないで見ると、と~っても面白い!久々にハマリそうです

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/11/23

大人に飲んで欲しい酒

Pb232497


去年の今頃は、しじみちゃんが新しく我が家に来たおかげで、お姉さん猫達が具合を悪くしてしまいましたが、今では、しじみちゃんも大きく成長し、あさりちゃんより体も大きくなり態度もビッグになってしまいました。
あさりちゃんを押しのける勢いのしじみちゃんであります。

さて、新酒もボチボチ入荷している今日この頃ですが、今の季節はできることなら旨味の濃いお酒がおすすめ!
この手取川の山廃純米大吟醸は弊店の冷蔵庫で2年ほど寝ていたものですが、ものすごく美味しい!
Pb232503


私はこのお酒とっても好きなのですが、山廃のお酒というのはちょっと地味な存在なので、なかなか脚光を浴びることが少ないお酒でもあります。
香りはあまりありませんが、コクがあって緻密な味はなかなかフレッシュさだけを売り物にする娘っこのお酒とは一線をかくしています。ん~、やはりこのお酒はある一定以上人生を経てこないと良さがわからないかも?
大人に飲んで欲しいお酒です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/19

鏡山 純米しぼりたて

弊店取り扱いのボジョレー・ヌーヴォー、今年はルー・デュモンのみ。
しかし、今の時点で残1本。ほとんど完売状態。ありがとうございました!
一応、写真だけでもどうぞ
Pb192488


さて、ワインもいいですが、日本酒のしぼりたても入荷しています。

Pb192489


埼玉は川越の小江戸鏡山酒造さんより、「鏡山 純米しぼりたて」が届きました。
今年の純米しぼりたては川越産の「さけ武蔵」を使用。今年の出来は?と聞くと、小江戸鏡山酒造の企画部長・五十嵐さんは鼻息荒く、「とーってもいい出来です!」とのこと。
乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/18

出羽桜 枯山水

今日は、ボージョレ・ヌーヴォーの解禁日!

当然、私も弊店取り扱いのボージョレ・ヌーヴォーの写真をアップしようと思いましたが、今朝、カメラの電池を入れ替えた際、違うメーカーにものを入れてしまい、カメラが使えません

というわけで、急遽本日のご紹介は、出羽桜の枯山水Pb162487


お燗が美味しいお酒です
ここ数日急に寒くなり、体がホットな酒を要求。おつまみはおでん。これぞ、燗酒の王道。
私は、お燗は熱めが好みなので、けっこう熱めにしていただきます。そのほうがこのお酒はスッキリします。是非、お試しを!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/16

エコポイント

今朝は寒かったですねー。師走並みの寒さ、だというので、今日は先日カタログハウスで買った「発熱インナースパッツ」(いわゆる男性用でいうパッチ)をジーンズの下にはき、更に五本指ソックスで防寒対策

今のところ、あまり寒さも感じず、快調です

さて、9月はじめに申請したエコポイント。本日、ようやく届きました!
なにがいいかわからなかったので、無難に全国百貨店商品券。なにを買おうかな~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/11/15

ディジオイア・ロワイエ ブルゴーニュ・ルージュ2008

ヌーベルセレクションさんの試飲会で久々に感激したブルゴーニュ・ワインが入荷しました

ディジオイア・ロワイエのシャンボール・ミュジニィ2008とブルゴーニュ・ルージュ2008。
シャンボール・ミュジニィはホント、試飲会でウットリとしてしまった程魅惑的な旨味あります。高騰するブルゴーニュの中では若い造り手なのでまだほかに比べると価格はさほどではなく、まさにお買い得!
Pb152476


シャンボール・ミュジニィは個人的にクリスマスに飲む予定なので、昨日はブルゴーニュ・ルージュを飲む。
コクはさほどでもありませんが、きれいな旨味のあるブルゴーニュ。日常的にはこちらのほうがよいかも・・・。
価格は750mlで2,260円です。

地デジのテレビを購入してから、今まで見れなかった民放のBSが視聴できるようになり、私の韓流熱がまた再燃しています。いや~、民放のBSではもうたくさんの韓国ドラマが放送されていて、もう困っちゃうほど・・・・

なので、今は厳選して(?)、チュモンと千秋大后というドラマを見ています。どちらも時代物なので80話近くもあるのです。日本では考えられない長さです。
韓国ドラマは見ているうちに、はじめは好みでなかった俳優さんの顔もだんだんとかっこよく見えてくるんですよねー。今は、千秋大后のカン将軍にな私です。

しかしです!民放のBSを見ていて気になることがひとつ!
それは、韓国ドラマの視聴者である中年女性を意識して、ドラマの途中で放送されるCMが「皇潤」「ドモホルンリンクル」「青汁」などなどの健康食品、サプリメントなどがこれでもか!というほど流されること。
この手の商品の主なターゲットと韓国ドラマにはまる中年女性はリンクするので、そういう構造になってるのですが、なんか見ていて腹立たしいのですよねー。

サプリメントを採るよりも適度に運動して、きちんとした食事をして、美味しいお酒を適量飲んだほうがどんなにか健康によいと思うのですが・・・・。

ま、録画してあとから見れば、CM部分は削られてなくなるので、最近は、夜にお酒を飲みながら目をにして録画したものを見るようにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/11/14

フクシ伝説

落合福嗣さん、ご結婚されていたそうですね。おめでとうございます

落合福嗣さんといえば、泣く子も黙る三冠王・落合博満監督のご子息。
普通、野球選手のお子さんってあまり写真に撮られたり、テレビに映ったりすることってなかったはずですが、福嗣くんはその特異なキャラクターから落合監督よりも強烈な存在感を示し、野球ファンならずともなぜか気になる存在でありました。
その福嗣くんも今や23歳。しかも、結婚していたとは・・・・。ん~感慨深いものがあります。

そうそう、先日本屋さんに行ったところ、「フクシ伝説~うちのとーちゃんは三冠王だぞ!~」(著者・落合福嗣)という落合家の三人が和服姿で堂々と表紙を飾っている本が平積みになっているのを見ました。

あら~、福嗣くん、落合監督よりもでっかくなんちゃってー、と感慨深く眺めていたところの、今回の結婚報道。
もしや?この本を売るための策略か?と勘繰ってしまった私・・・・。いけないですねー

福嗣くんは一体なんで生計をたてているのだろうか?という疑問もこの本で解消されるのか?福嗣くんはライターになっているのか?
この本を実際に購入された方の読後感想は、なかなかの評判。ん~、読んでみたいが、しかし、さすがにこの本を持ってレジに行くのは恥ずかしかったワタシであります。
誰か、この本を買った方がいらっしゃったら貸して下さい

とっても気になったニュース(?)でしたので、今回はお酒のお話はナシで失礼いたします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/13

恋愛成就の酒

と~ってもラブリーなハートラベルのスパークリンワインが入荷しました!

Pb132475


「ぜひ、好きな人、愛している人と飲んで欲しい。恋愛成就の願いを込めてデザインしました。」とはこのスパークリングワインを世に出した、ジュリエット・シュニュご夫妻。
恋愛が成就する事間違いナシ

というか、ふたりでこのスパークリンワインを買う時点ですでに、恋愛は成就しているとは思いますが・・・?
ま、そんなことはどうでもよく、クリスマスなどの記念日にぜひ、飲んでいただきたいスパークリングワインです

あと、まだ先ですけど、バレンタインのプレゼントにもいいかもしれませんねー。

レ・ビュル・ド・ジュリエット クレマン・ド・ブルゴーニュ ブリュット・ロゼ 750ml¥2,880

ハートマークといえば、本日封切りになった映画の「ゴースト」。
ソン・スンホンさんのTシャツ姿に胸キュンです甘いマスクに厚い胸板・・・松嶋菜々子さんがうらやましい~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/12

石鎚 純米吟醸緑ラベル袋吊りしずく酒斗瓶取り

このお酒、私、大好きなんです

Pb112471


個人的な嗜好としては、トシだからか?派手目な味わいのお酒(甘くて、私を見て!的な派手な感じのお酒)はあまり飲まなくなり(美味しいとは思いますが)、石鎚の緑ラベルのような、杯を重ねても飽きない、透明感のあるお酒が好きです

特に9月から発売される、しずく酒シリーズは特に透明感が冴え渡り、大変美味!

山田錦のしずく酒も雄町のしずく酒もそれぞれいいですが、やはり、石鎚といえば、やはり「緑ラベル」なので、緑ラベルがお好きな方はしずく酒もお試し下さい!
みずみずしく、透明感がありながらお米の旨味ときれいな酸味が心地良い、お食事がより美味しくなる味わい。

トシを経るに従い、かくありたい、と思わせる清楚な女性のような味わいのお酒であります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/11

庭のうぐいす スパークリング純米吟醸

「日本酒で乾杯を!」をテーマとした、庭のうぐいすさんの和製シャンパン
ジャケ買い必至の可愛いラベル

Pb112473


モチロン、中身もよいです!ヨーグルトを思わせる酸味とシュシュワ弾ける泡がなんとも言えません!
クリスマスに飲んでいただきたいのですが、本数限定ですので、ご入用の方はお早めに

さて、昨日は定休日だったので、夜はまったりと録画しておいたスッピツの「SONGS」を飲みながら鑑賞。
草野正宗さん、いつまでも若いですねー。そして、新曲の「恋する凡人」がいい!

いい歌を聴くと、美味しいお酒がより美味しく感じ、ますます杯がすすみ夜がますます更けていくのでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/09

川中島幻舞しぼりたて、早くも入荷!

長野は「川中島幻舞」を醸す酒千蔵野さんより、早くもH22by純米吟醸無濾過生原酒が入荷しました!
早いですね~

Pb092470_01


酒千蔵野さんは小さな蔵ですが、蔵の設備はコンパクトで素晴らしく、年間醸造もできるように空調設備も完備。そのため、こんなに早くからしぼりたてができるのです。

で、味わいですが、「幻舞」らしく、ジューシー。もちろん、できたてなのでまだ若さもあり、ほんのりピリピリしたガスも感じられます。

幻舞ファンの皆様、是非お試し下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/08

「下流の宴」を読む

林真理子さんの「下流の宴」を読みました。

内容はかなりヘビー。中流だと思っている48歳の主婦・由美子の息子・翔が中高一貫の高校を中退し、由美子の目からは下流だと思われる世界にはいっていく、というお話です。
覇気のない若者の姿やプライドの高い女子大生の姿、あるいは東京と地方の差など、現代の日本が抱える問題をいろいろ書き込んでおり、途中まで読んでいくのが大変つらい小説です。

このお話に登場するフリーターの翔はまるで覇気や向上心というものがなく、このような若者ばかりになってしまったら、日本はどうなるんだろう、と空恐ろしい気持ちになりました。これでは、モノが売れなくて当然・・・。

ただ、翔が結婚しようとする沖縄の離島出身の珠緒が由美子に馬鹿にされ、一念発起し医者になるべく医大を受験することになるくだりから、お話しは俄然面白くなっていきました。自分の置かれている状況から壁を破っていく珠緒の姿が唯一この小説の中で光明を見出させてくれます。

バブルの頃を描いた「アッコちゃんの時代」も面白く読みましたが、この本で更にその時代を見据えることのできる、林真理子さんという人の資質の高さを改めて感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/07

家庭画報インターナショナル・エディション

先日行われたジョイ・オブ・サケ東京の会場で獺祭の営業さんから、「今月の家庭画報インターナショナルに日本酒が取り上げられていて、獺祭も載っているんです。まあ、英語なので参考にならないかもしれませんけど・・・。」と教えてもらい、早速、本屋で「家庭画報インターナショナル・エディション」を購入。Pb072465


普通の日本語版の家庭画報は知っていましたが、英語版があるのは知りませんでした。
英語版の家庭画報のコンセプトは、HPによりますと、「新旧の日本文化の中から「言葉を超えて共感を得る力」をもったものを切り取り、その奥行きある魅力を、世界中の人々に「立体的に」「美しく」「分りやすく」伝える英字のビジュアル誌です。」とのこと。

その言葉通り、写真が素晴らしく美しい!

今発売されている家庭画報インターナショナル・エディションはsake at the sammit(絶頂の日本酒)として特集されています。ご興味のある方は本屋さんでご覧ください!

Pb072467


お米がどのようにお酒になっていくかという写真があるのですが、これは今までの日本酒の本や雑誌には考えられない斬新な写真で、さすが!とうなってしまいました。わかりやすいですね~。
英字なので、読むのに苦労しますが、外人の方が来店された時には、よい案内書になるのではないでしょうか?

ちなみにおととい来店されたアメリカの方にこの本を見せたところ、「ああ、知ってます。アメリカの母に日本の文化などを紹介するために送ってました。」とのこと。外人の方には日本の文化を知るための雑誌として認知されている模様。

Pb072468


パラパラ見ていると、あれ、どっかで見たボトルだな、とジックリ見ると、「満寿泉 干支ボトル」が美しく載っておりました。さすが、セレブの酒です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/05

国産ヌーヴォー

ここ数日、気持ちの良い秋晴れの日が続いています。気持ちいいですねー

11月にはいり、国産ヌーヴォーも解禁となりました!
毎年人気の勝沼醸造さんのヌーヴォーも入荷!
Pb042462


・2010年アルガ・甲州ヌーヴォー ¥1,470
・2010年アルガ・ベリーAヌーヴォー ¥1,470

そんなわけで、昨晩は早速入荷した、アルガ・ベリーAを自家製カレーと一緒に楽しみました!
ベリーAは毎年どんどんよくなっているような気がしますねー。新酒らしさに果実味もきちっとあり、今年もよいです!
是非、お試し下さい!
Pb042464


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/04

ジョイ・オブ・サケ東京

おとといの2日に五反田のTOCビルでジョイ・オブ・サケ東京が開催されました。

毎年、ホノルル、サンフランシスコ、ニューヨークなどで開催されている、海外で最大の利き酒イベントがで今年は10周年ということもあり、初めて東京で開催されることになったのです。
2010年全米日本酒歓評会に出品された出品酒ばかり329銘柄のお酒と日米の人気レストランの前菜が楽しめる、楽しい利き酒のイベントでした。

329銘柄もあるので、端からすべて飲むことは不可能なので、目に付いたもの、普段飲めないものを中心に色々なものを楽しみました。
私はお客様と参戦!

20100903_dsc05921

会場にはあの小山薫堂氏の姿もあり、お願いして一緒に写真を撮ってもらいました
ダンチューに一食入魂というエッセイも連載されていますし、かなりの美食家でいっらしゃるので、もう少し太っているのかな、と思っていたのですが、実際はかなりスマート。
酔っ払いの図々しいお願いを聞いてくださいまして、ありがとうございました!
20100903_dsc05919

とても楽しいイベントでしたが、また東京で開催されるのかは不明。
スタッフの皆さんの大半は蔵元さんで会場の整備に大変なご様子でした。
スタッフの皆さんの労力を考えると、気軽にまたやってください!とは言いにくいのですが、5年に一度?10年に一度でもこのような会があるととても嬉しいですね。
スタッフの皆様、ありがとうございました!


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/11/01

明日は

明日は、海外最大の日本酒イベント「ジョイ・オブ・サケ」が五反田のTOCビルで開催されます。

「ジョイ・オブ・サケ」は、2010年の全米日本酒歓評会の全出品酒をはじめ、最高品質の329銘柄の日本酒を東京・カリフォルニア・ニューヨーク・ハワイなどの有名シェフ達の前菜とともに楽しめる日本酒のイベントです。

時間は午後6時から9時まで。チケットをゲットした方は、明日は早めに仕事を切り上げて、五反田にGO!
お待ちしております

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »