« 今日はこれで乾杯! | トップページ | 酒粕石鹸 »

2010/06/29

サムライ・ブルーな酒

P6292202


今宵、いよいよ日本対パラグアイ!
11時からというのも家で観戦するにはサラリーマンにも好都合な時間帯
今宵は、このサムライ・ブルーな酒「石鎚 夏吟」をのみながら、観戦してください!
ジメジメしたこの季節にもさっぱりゴクゴク飲めるよいお酒です

P6292207


さて、「ぼくはこうやって詩を書いてきた 谷川俊太郎、詩と人生を語る」(著者 谷川俊太郎・山田馨)という本をいただき、只今読んでおります。
この本、実は著者のお一人からのプレゼントで著者お二人のサイン入り

P6292208


実用本や手引書みたいなものばかりが売れている昨今、こういった本はあまり売れないのかもしれませんが、この本は、谷川俊太郎さんの有名な詩とそれに付随する生活が最も信頼する編集者の山田さんとの対談という形で綴られた本です。山田さんの軽妙なツッコミが面白い

最後のあとがきで谷川俊太郎さんが書いている言葉がとってもよかったので、勝手に抜粋しちゃいます。
「・・・・80年近くこの世に生きていると、人生の味わいが若いころとは違ってどんどん深くなってきます。コクがあって美味しい味ですが、ひそんでいる苦味は濃くなりこそすれ、薄くはなりません。でもこの本の成立の現場「にわの」の酒と料理が、まるで通奏低音のように私たちの対話を支えてくれて、言葉だけでは半端になりかねない人生の、デリケートな隠し味になってくれました。・・・・」

人生とお酒というものがこの言葉に集約されていますね!お酒は人生の隠し味なのです。

ご興味のある方は是非、書店でお買い求め下さい!
また、今週の土曜、7月3日には新宿の紀伊国屋サザンシアターでお二人のトークショーとサイン会もあるそうです。

|

« 今日はこれで乾杯! | トップページ | 酒粕石鹸 »

コメント

えぇ~!!それは行かねば!!と思いましたが、生憎明日は仕事です。く~っ!残念!!
師匠、もし行かれるようでしたら、よろしくお伝えください。
ところで、谷川さんは下戸ではなかったですか?山田さんの勧めで飲めるようになったんでしょうか?それなら重畳です。人生『酒なくて何の己が桜かな』ですからね。

投稿: asaty | 2010/07/02 22:56

asatyさん、おはようございます

今日は残念ながら私も行けないんですよ。
谷川さんはおっしゃる通り、下戸でしたが、山田さんお影響で少しは飲めるようになったのかもしれません??
でないと、あのような名文は書けないと思います

投稿: s | 2010/07/03 10:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サムライ・ブルーな酒:

« 今日はこれで乾杯! | トップページ | 酒粕石鹸 »