« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010/06/29

サムライ・ブルーな酒

P6292202


今宵、いよいよ日本対パラグアイ!
11時からというのも家で観戦するにはサラリーマンにも好都合な時間帯
今宵は、このサムライ・ブルーな酒「石鎚 夏吟」をのみながら、観戦してください!
ジメジメしたこの季節にもさっぱりゴクゴク飲めるよいお酒です

P6292207


さて、「ぼくはこうやって詩を書いてきた 谷川俊太郎、詩と人生を語る」(著者 谷川俊太郎・山田馨)という本をいただき、只今読んでおります。
この本、実は著者のお一人からのプレゼントで著者お二人のサイン入り

P6292208


実用本や手引書みたいなものばかりが売れている昨今、こういった本はあまり売れないのかもしれませんが、この本は、谷川俊太郎さんの有名な詩とそれに付随する生活が最も信頼する編集者の山田さんとの対談という形で綴られた本です。山田さんの軽妙なツッコミが面白い

最後のあとがきで谷川俊太郎さんが書いている言葉がとってもよかったので、勝手に抜粋しちゃいます。
「・・・・80年近くこの世に生きていると、人生の味わいが若いころとは違ってどんどん深くなってきます。コクがあって美味しい味ですが、ひそんでいる苦味は濃くなりこそすれ、薄くはなりません。でもこの本の成立の現場「にわの」の酒と料理が、まるで通奏低音のように私たちの対話を支えてくれて、言葉だけでは半端になりかねない人生の、デリケートな隠し味になってくれました。・・・・」

人生とお酒というものがこの言葉に集約されていますね!お酒は人生の隠し味なのです。

ご興味のある方は是非、書店でお買い求め下さい!
また、今週の土曜、7月3日には新宿の紀伊国屋サザンシアターでお二人のトークショーとサイン会もあるそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/06/25

今日はこれで乾杯!

日本代表やりましたね!
非国民の私も昨晩は10時に就寝し、3時からラジオで観戦。本田選手がゴールを決めてからテレビの前に移動し観戦いたしました

試合後の本田選手のコメントがよかったですね。ビッグマウスというあだ名にピッタリの強気な発言。
最近、こういう若者が少なくなったので小気味よいです。
また、人間、強く思っていれば、そのように道は開けていくだなあ、ということを今回の日本代表の試合を見ていて感じました。もちろん、思う以上に努力はしなければいけないのでしょうけど。

P6252199


さて、今晩は祝杯をあげる方も多いことでしょう!
それにはこんなシュワシュワの日本酒はいかがでしょう

奈良県は百楽門の夏のどぶろく。今年よりスペックを山田錦50%にグレードアップし、更に飲み易くなっております。でも、狂暴さ相変わらずですので、開栓の際はお気をつけ下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/24

出羽桜「江戸ラベル」

ワールドカップが始まり、テレビは連日、サッカー・サッカー・・・。早くも飽きてきたのは私だけでしょうか

大きな声では言えませんが、最近集中力がなくなってきており、サッカーの試合を全部見ることができません・・・。カメルーン戦は腰痛のため寝ていましたし、オランダ戦は景気付けの酒がいけなかったのか?最初の10分は覚えているのですが、気が付くと後半残り5分・・・
ほとんど、真面目に観戦していないので、ツレからは非国民扱いされております・・。ま~、本日?明日のデンマーク戦は午前3時半キックオフということなので、見る気満々のツレには「点が入ったら起こしてちょうだい。」と注文。サッカーは点がはいれば面白いんですけど、途中がちょっとモタモタしていると、私みたいなものは睡魔に襲われてしまいます・・・。

P6242197


さて、サッカーとは全く関係ありませんが、出羽桜さんより新商品・純米吟醸酒「江戸ラベル」が入荷しました!
このお酒は東京の地酒問屋・小泉商店さんが監修した特別なお酒でして、小泉商店さんが取引しているすべてのお酒屋さんが扱える商品ではなく、小泉商店さん特約店の中でも更に地酒を愛する心意気が強い青雲塾なるものに入会している酒屋さんでのみ扱える限定品!手前味噌ですが、私も青雲塾に入会しています

小泉商店さんの本社のある竜泉は吉原にも近い、下町の風情を感じさせる地区。
そんなこんなで山形の酒でありながら、江戸を感じさせる今回のお酒となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/19

「ど黒」参上!

P6192193


日本酒業界で只今、話題沸騰中の噂のお酒、白瀑の「ど黒」が入荷しました!

今朝、「ど黒入りましたか?」と来店していただいたお客様、本日のオランダ戦の間に合わなくて、申し訳ありません!

今週、ブログの更新ができなかったのは、ネタ切れということもありますが、「ザ・トレイシー・メソッド2」のやりすぎで腰痛が再発してしまったからでした。何事もやりすぎはいけないですね・・・・
でも、「ザ・トレイシー・メソッド2」を真面目にやっていたら、26インチのジーパンが入るようになりました

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/06/12

ワールドカップ

ワールドカップ開幕しました!
開会式のふんころがしはびっくりしましたね
さすが、アフリカ!おおらかです。

P6122190
今回のご紹介は南アフリカ大会ということで、南アフリカワインです
その名も「ゴーツ・イン・ヴィレッジス」。南アフリカのトップ生産者「フェアヴュー」がユーモラスな名前で造る南ケープ州産ローヌワイン??名前はパロディですが、中身は南アフリカの多様性を感じさせるまじめなワインです。
この「ゴーツ・イン・ヴィレッジズ」はシラーブレンドの熟した果実香とスパイス香、そしてピノ・タージュから生まれる奥行きのある味わいがバランスよし!日本にいながら気持ちは南アフリカ?

P6122189
昨日、テレビでメッシ選手を見ながら「誰かに似ている・・・・。」としばし頭をひねっていると、あの方の顔が・・・。
そうだ!山形は雅山流を醸す進藤酒造店の新藤蔵元兼杜氏に似ている!と一人ニヤニヤしておりました。
似てないかなあ~?ご賛同頂ける方は、アルゼンチン戦では、雅山流を片手に観戦お願いします!

日本の第一試合は14日の月曜日。是非とも本田選手のゴールが見たいものです。
ところで、本田選手って声だけ聞いていると、ジミーちゃん(ジミー大西)にそっくりだと思いませんか・・・・??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/10

ロックで独立する方法

P6062181


「ロックで独立する方法」。ハウツー本のような書名ですが、著者は昨年亡くなった忌野清志郎さん。

図書館でこの本を見かけ、こんな本あったけな?と思いながら手に取ったら、清志郎の死後に出版されたものでした。なにかの雑誌に連載されていたものを出版したものですが、ロックで生計をたてようとする人以外でも好きなものを仕事にしている人であったら、とても参考になる本です。

80年代までは、大手レコード会社にも「オレがいいと思ったものは絶対売ってやる!」というガッツのある社員がいたそうですが、今のレコード会社の社員は皆サラリーマン化して、数字至上主義。
また、音楽が新聞に取り上げられるのはビーズが何万枚売った、とか何を歌っているのかよりも数字を取り上げたものばかり。マスコミのあり方や音楽業界の変な所を清志郎は本の中で「おかしくないか?」と警鐘をならしています。

なんだか、我々の業界にも通じる話で耳が痛い内容です。
いつの間にか、「いいもの」から「売れるもの」(売れそうなもの)ばかりを追っていないだろうか?と自分自身を反省してしまいました。
でも、いいものであっても売れなければなんにものならない。ここのところが難しいところで、私も日々、ここのところで葛藤しています。
酒屋で独立するのもなかなか難しいです

さて、音楽といえば、元音楽業界出身の栽培醸造家・山本友文が醸す、夏のお酒「サマーど」が入荷しております
発泡は弱く、微発泡程度。大人の滋養強壮ドリンクとしてお召しあがりください!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/06/08

にゅうめん

P6042180_2


お酒を飲んだ後、〆にラーメンを食べる方が多いと思いますが、私は最近、〆ににゅうめんを食べています(家飲みの場合ですけど・・・)。

私は、冷たいそうめんより暖かいにゅうめんが好きで、すぐに作れるように、出汁はいつも多めにとっておき、冷蔵庫に。にゅうめんのおつゆは、二人分だと、出汁2カップ、塩小さじ四分の一、しょうゆ大さじ1.5、みりん大さじ1に鶏肉をちょこっと入れて煮たてます。
少しに煮ておつゆはこれだけで完成。トッピングはお好みで・・・。
にゅうめんは細いので、すぐにゆでられますし、なんとなく、おなかにも優しそう。おつゆが美味しいのでいつも飲み干してしまいます
これ、二日酔いのときのお昼ご飯にもおすすめです

でも、〆のラーメンがきつくなってきたのは、やはりトシのせいなのかも・・・??そういえば、ラーメン二郎もずいぶん食べてないなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/04

夏酒

暑くなると、日本酒はちょっと・・・、という方におすすめの夏でもゴクゴク(?)飲める夏向けの日本酒がチョロチョロ入荷中です

夏ということを意識してか、ほとんどの蔵元さんがブルーの瓶に詰めています。

P6042177


今回のご紹介は、石川は白山の吉田酒造店さんが醸す「手取川」の夏純米酒・辛口。
ラベルは日本の夏を感じさせる蛍のイラスト。夏の夕暮れ、うちわでもあおぎながら、浴衣で夕涼みをしつつ、或いは花火を見ながら、一献傾けたくなる、そんなお酒です。

初めは芳醇なお米の旨みを感じますが、飲んでいくにつれて、軽快な喉越しが心地良く、いつの間にかゴクゴク飲んでしまうお酒です。見た目も味も涼感あふれ、まさに夏酒!

さて、6月になり、着物の世界では単衣の季節となりました。着物のルールで単衣は6月と9月に着る物。7月、8月は盛夏は透け感のある夏着物となります。
先日、単衣用に憧れの塩沢お召しを新調いつ着ようか、いつ着ようか、とカレンダーとにらめっこしていますが、お休みの日しか着る時がなく・・・・。今年は着る時がないかも・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/06/03

柏葉アジサイ

P6032175


過ごしやすいいいお天気が続いていますねー。
庭の柏葉アジサイも咲き始めました。
梅雨の季節の花ですが、爽やかな気候の中で白色の花弁は楚々としてきれいです。
しかし、この柏葉アジサイ、庭植えすると生育がとっても早く、春先と秋に選定してもどんどん伸びてしまい、梅雨の頃には大きくなりすぎ、更に虫もつくので、キレイだわ!と思って眺めるのはほんのわずかの時のみ・・・・。アジサイは庭植えするとあとが大変です


さて、そんな梅雨前の爽やかな気候の中、衣替えをせっせとしております
冬物のコート類をようやくクリーニングに出し、少しづつタンスの中を整理。

クールビズが始まってから、ツレの夏物スーツの着用回数が減り、夏物スーツだけは昔っぽいものばかり・・・・。
もうおっちゃんだから昔のものでいいんですが、今は夏物スーツってあまり売れないんだろうなー、と昔ちょっといた業界なので心配になります。
スーツ用のワイシャツをしまい、ネクタイをしなくてもよいドレスシャツをタンスから出してアイロンがけをしましたが、けちってワイシャツをクリーニングに出さないせいか、ワイシャツの襟のところがすぐ擦り切れてダメになってしまいます・・・。なんか、いい方法ないのかなー。

6月になり、クールビズなお酒、ちょっとづつ入荷中です。今年はなんか、夏用のお酒の企画が増えたような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »