« そうじ | トップページ | 助六 »

2010/05/09

「ねこにかまけて」

町田康さんのエッセイ「ねこにかまけて」。読んだ方いらっしゃいますでしょうか?
猫好きには涙なしでは読めない名著です
最近、単行本になったようで、手にとられる方もふえたのではないか、と推察しております。

この「ねこにかまけて」は題名に惹かれて5年ほど前に購入したのですが、最近また読み返しては、フフフ・・・と笑ったり、飼い猫の「ヘッケ」ちゃんや「ココア」ちゃんが亡くなる前までの描いた箇所にくると悲しくて涙がでてしまいます。「ヘッケ」ちゃんは猫白血病ウィルスに冒されて亡くなるのですが、実は、ウチの新猫「しじみ」ちゃんも先日、獣医さんに「猫白血病ウィルスに感染しています」と診断されました

P4292142


この病気ですが、感染していても発症しないで治ってしまう猫もいるらしいのですが、大概は発症すると免疫力が低下して3年以内には亡くなってしまうとのこと。治療というものはほとんどないそうです。

しかし、しじみちゃんはまだ発症はしてないらしく、元気にしています。最近は、私の事を遊び相手だと思っているらしく、毛糸のボールをほうってくれ、と「ミーミー」鳴いて真摯な目つきで訴えてきます。
毛糸のボールをほうるとダッシュしてそのボールを取りに行き、くわえて私の足元に持って来て少しじゃれては、ボールが動かなくなると、「ほうれ!」と私に命令調で鳴いてきます。

何匹もの猫の死を見てきましたが、だんだん弱っていくのを見ているのは辛いものです。なので、元気なうちは文字通り猫可愛がりしようと、今日もどこかに消えてしまった毛糸のボールをしじみちゃんと一緒に探している私であります。それこそ、私も「ねこにかまけて」の毎日。

P5082150


さて、全く関係ないですが、埼玉は羽生の「花陽浴 はなあび」のきもと仕込純米吟醸生原酒が限定入荷しました!
埼玉の酒米「さけ武蔵」で醸したきもとのお酒。通常の花陽浴っぽくはなく、酸味がシャープな酸味が心地よし!
おすすめです

|

« そうじ | トップページ | 助六 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ねこにかまけて」:

« そうじ | トップページ | 助六 »