« もしかして・・・・ | トップページ | メグスリノキ »

2010/03/16

御名残三月大歌舞伎

20100114_dsc05207


歌舞伎座のチケットが手に入ったので、昨日は午前中だけ働いて、銀座へゴー!

せっかくの歌舞伎座だったのですが、生憎、この日は着替える時間がなかったので洋服で・・・・。
着物姿の美しい人を見るたびに着物で来ればよかった・・・・、とちょっと後悔。ま、でもたまにはよいとしよう

20100114_dsc05208


この日観たのは、御名残三月大歌舞伎の第三部 一、菅原伝授手習鑑「道明寺」、二、文殊菩薩花石橋「石橋 しゃっきょう」。
夕方の6時開演で9時5分には終わったので、歌舞伎としては短いですね。幕間も一回だけ30分。

「道明寺」では、菅丞相に片岡仁左衛門さん、覚寿に坂東玉三郎さんという孝・玉コンビ。でも、覚寿は白髪頭のあばあさんなので、玉三郎さんとして珍しい老け役。大事な役ではあるけれど、やはり、玉三郎さんはキレイなお姫様役姿が観たかった・・・・。
仁左衛門さんは相変わらずの男前。動きの少ない役ではあるものの、重厚さがあり、さすがでありました

歌舞伎座の公演もこの3月と4月のみ。4月の演目もそそるものばかりですが、それ以上に新橋演舞場の5月の演目が気になる。
染五郎さん、海老蔵さん、七之助さん、勘太郎さん、松緑さんという若手で助六、熊谷陣屋などの人気演目。歌舞伎座の四月の御名残大歌舞伎でもこの演目は上演されますが、歌舞伎座での助六はモチロン、市川団十郎さん。歌舞伎座も観て、演舞場の5月も観るっていうのが歌舞伎ファンなんでしょうけど・・・・。やはり、海老さまの助六が観たい

|

« もしかして・・・・ | トップページ | メグスリノキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御名残三月大歌舞伎:

« もしかして・・・・ | トップページ | メグスリノキ »