« イチローさんからの贈り物 | トップページ | 石鎚 春の酒 »

2010/03/05

掌中の珠

P3052026_2


庭のクリスマスローズは只今満開。雪柳も咲き始めました。
春近し!

P3052028


さて、待ちに待った八千代伝酒造さんの限定焼酎「掌中の珠 しょうちゅうのたま」が入荷しました!
「掌中の珠」とは辞書で意味を調べると、一、最もたいせつにしているもの、二、最愛の子ども、という意味のある言葉。
そこからも分かる通り、この「掌中の珠」は吉行正巳杜氏が最愛の子どもを慈しむように、吉行杜氏の掌でゆっくりと育まれた大事な大事な焼酎です。5年甕壺貯蔵のまろやかな逸品。
是非、ご賞味ください!

さて、3月は別れの季節。私にもある別れがお訪れようとしています
私が密かに「麿」と呼び、お慕いしていた、NHKの登坂アナウンサー(昼の1時と夕方6時のニュース担当)が3月一杯で降板し、札幌に行ってしまいます・・・・
明るいニュースのときははにかんだ笑顔、悲しいニュースのときは悲しみの表情。民放のうるさいだけのアナウンサーとは違った正統派アナウンサー。悲しいです
札幌に行っても頑張ってください!
でも、武田アナウンサーも野村アナウンサーも好きなんですけどね

|

« イチローさんからの贈り物 | トップページ | 石鎚 春の酒 »

コメント

本日、お薦めいただき購入した『田酒』純米酒。美味しいです!ついつい五合くらい開けてしまいました。師匠のお薦めにハズレはありませんね。感謝!
もともとの田酒の味に戻した復刻の仕込みとのことでしたが、(田酒はあまり好きでも嫌いでもない小生ですが)確かにこの味なら、その昔評判になり、今に至るのも納得。
また、買い求めにお店に行こうと思いますが、この味では売り切れ必至かな?
お体、ご自愛ください。

投稿: asaty | 2010/03/06 21:33

asatyさん、毎度ありがとうございます

田酒復刻版、いいですよね!お気に召していただき、ありがとうございます。
田酒を醸す西田酒造店さんは、毎年イロイロな試みをしておりまして、今年はこの復刻版を出されました。蔵人さんが作ったお米で醸されたお酒です。
手前味噌ですが、飲むことができた方はラッキーかも?入荷本数が極めて少ないので、銘柄で飲むのではなく、お酒が大好きな方に今回は買っていただきました。
そんな訳で、苦しい胸のうちを斟酌していただければ、ありがたく存じます

投稿: s | 2010/03/07 11:22

 それは残念!一期一会だったのですね。
次は、「酒便り」にあった、『陸奥八仙』純米中汲みか、『益荒男』山廃純米を試させていただきまようか?
 今夜はまた冷え込みそうですから『鷹勇』鷹匠を熱燗でいただきましょう。
 腰痛に寒さは禁物!暖かくしてお過ごしください。だは、また。

投稿: asaty | 2010/03/07 12:51

asatyさん、すみません!
代わりと言ってはナンですが、しぼりたての生酒が一合瓶で入荷しております。こちらも一期一会の商品です(笑)。
でも、容量が少なすぎでしょうか?

今夜は冷えそうですね~。昨日は石鎚の春の酒を飲みましたが、今晩は私も燗酒になりそうです。
明日、待望(?)のコルセットが出来上がります・・・・。

投稿: s | 2010/03/07 14:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 掌中の珠:

« イチローさんからの贈り物 | トップページ | 石鎚 春の酒 »