« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010/03/30

高峰秀子の流儀

愛車が車検だったので、ディーラー指定の整備工場に車検に出していたのですが、今回車の整備を担当してくれた方が、なんと!私の小学校の同級生でした。珍しい名前だったので、もしや?と思っていましたが、あれから30数年たっているので、昔の面影はあまり残っておらず、自信はなかったのですが、思い切って尋ねたところ、同級生であることが判明。いや、世の中狭いものですね。

P3302083


さて、只今私が読んでいる本は「高峰秀子の流儀」。これが素晴らしい!
新聞の書評を読んで、読みたい!と思っていたところ、図書館に行くとこの本があり、早速借りて熟読。
高峰秀子さんというと、日本映画の名画「浮雲」、「二十四の瞳」、「カルメン故郷に帰る」などに主演された大女優さんです。愛称は「デコちゃん」と呼ばれた大変美しい方。
小学校に通ったのはわずか1ヶ月ながらも、自分で努力し字を覚え、今では大の読書家。人気女優でありながら、驕らず自分に厳格でこだわらない高峰秀子さんの考え方や暮らし方が「高峰秀子の流儀」に書かれています。
もう私は頭のさがることばかり・・・・。読みながら自分の普段のだらしなさが身にしみてきます・・・・。
この本を読んで、早速キッチンの掃除をしました

ここのところ、寒いので飲んでいるお酒は「美田」の山廃純米大辛口。常温でもお燗でもよいので、なんだかわからないお天気にちょうどよい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/25

霧筑波

火曜日に久々に蔵見学に行ってきました。場所は、茨城県つくば市にある「霧筑波」を醸す浦里酒造さん。

P3232071


思ったよりも小さい。しかし、冷蔵設備が素晴らしい。これは酒質に如実にあらわれています。
小川酵母を使用した火入れの特別純米酒はほんのりとしたコクを感じながらもサラリとした味。これは、一杯目よりも二杯目、三杯目のほうが美味しく感じられる、料理の邪魔をしないタイプです。

P3232076_2


ほかにもたくさん試飲させてもらいました。私の好みは山廃の純米。これもサラリタイプ。

蔵見学の後は、つくばの近未来都市のおでんやさんで懇親会。
たくさん飲んでつくばエクスプレスに揺られながら秋葉原に到着すると、あいにくと山手線がストップしていたため、京浜東北線がギュウギュウ詰め。酔いも吹き飛び、必死の形相で電車に乗り込み帰宅しました。

お酒についての詳細はよしのや便りの4月号でご報告いたしま~す!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/03/21

メグスリノキ

この間のお休みの日に、2年ぶりに庭の木のお手入れをしてもらいました。

P3192058


その際、でたメグスリノキの枝。庭師さんによると、樹皮を煎じて飲むと目にいいんだそう。漢方薬として売られていたり、樹皮とチップでネットでも販売されているそう。
「使うなら、少し残しておきますよ。」とのことなので、最近、目がショボショボ、コンタクトが合わないのか、視界がぼやけ気味な私は、早速樹皮をピーラーでむき、乾燥させておくことに。

しばらくしたら、煎じて飲んでみようと思いますが、どうなんでしょうね~ちょっと怖い気もしますが・・・・。
メグスリノキの枝はまだありますので、ご興味のある方はご一報ください?

ところで、昨日はすっごい風でしたね!風の音で昨晩は眠れず、ちょっと寝不足気味です。

そうそう、パラリンピックのアイススレッジホッケー、銀メダル!やりましたね!
友人の彼が関係者なもので、応援していました。よかったです。
今度、祝杯をあげましょう~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/16

御名残三月大歌舞伎

20100114_dsc05207


歌舞伎座のチケットが手に入ったので、昨日は午前中だけ働いて、銀座へゴー!

せっかくの歌舞伎座だったのですが、生憎、この日は着替える時間がなかったので洋服で・・・・。
着物姿の美しい人を見るたびに着物で来ればよかった・・・・、とちょっと後悔。ま、でもたまにはよいとしよう

20100114_dsc05208


この日観たのは、御名残三月大歌舞伎の第三部 一、菅原伝授手習鑑「道明寺」、二、文殊菩薩花石橋「石橋 しゃっきょう」。
夕方の6時開演で9時5分には終わったので、歌舞伎としては短いですね。幕間も一回だけ30分。

「道明寺」では、菅丞相に片岡仁左衛門さん、覚寿に坂東玉三郎さんという孝・玉コンビ。でも、覚寿は白髪頭のあばあさんなので、玉三郎さんとして珍しい老け役。大事な役ではあるけれど、やはり、玉三郎さんはキレイなお姫様役姿が観たかった・・・・。
仁左衛門さんは相変わらずの男前。動きの少ない役ではあるものの、重厚さがあり、さすがでありました

歌舞伎座の公演もこの3月と4月のみ。4月の演目もそそるものばかりですが、それ以上に新橋演舞場の5月の演目が気になる。
染五郎さん、海老蔵さん、七之助さん、勘太郎さん、松緑さんという若手で助六、熊谷陣屋などの人気演目。歌舞伎座の四月の御名残大歌舞伎でもこの演目は上演されますが、歌舞伎座での助六はモチロン、市川団十郎さん。歌舞伎座も観て、演舞場の5月も観るっていうのが歌舞伎ファンなんでしょうけど・・・・。やはり、海老さまの助六が観たい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/13

もしかして・・・・

なんだか調子が悪い・・・・
鼻水がとまらない・・・・。これは、昨年も書いたと思いますが、花粉症なのでしょうか・・・・?
しかし、ツレは「お前みたいな野蛮人はそんな現代病になるはずがない!」と一刀両断。
う~ん、ただの風邪なのでしょうか?

P3122050


ところで、そんな身体の不調とは関係なく、お酒は春らしい酒が続々入荷しています。

昨日は、埼玉県は羽入市の南陽醸造さんが醸す「花陽浴 はなあび」の山田錦純米吟醸袋吊斗瓶囲無濾過生原酒と八反錦純米吟醸袋吊斗瓶囲無濾過生原酒が入荷。長い名前です・・・・。
本日のお天気のように太陽をいっぱいに浴びた花のように可愛らしい名前。袋吊なので、トロリとした口あたりで人気急上昇のお酒です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/03/11

染模様恩愛御書


昨日は日生劇場に三月花形歌舞伎「染模様恩愛御書 細川の血達磨」を観に行ってきました

市川染五郎さんと片岡愛之助さんのボーイズラブの話に仇討ち、そして火事になった宝蔵にあるお家の宝を守るため、火事の中に飛び込んでいくクライマックス、と見所満載。
通し狂言のため、話もわかりやすく、歌舞伎初心者の方にもおすすめです。

Sakurakomon
見得を切る場面では、歌舞伎座や演舞場などでかかる「高麗屋!」「松島屋!」と声をかける人もなく、観客は若い方が目立ちました。大部分は染五郎ファンの方なのでしょうか?
残念ながら、着物姿の方はあまりいませんでした。

この日の着物は春らしく、桜の小紋にグリーンの相良刺繍の帯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/09

外は雪ですが・・

P3092044_2


外は雪が降っています。
雪なので来店されるお客様も少ないため、ちょっとだけ店内の飾りつけ。

春を少しでも感じられるように、入り口のガラスに色画用紙で作った桜の切抜きを・・・・・。

商品も春を感じるピンク色のにごり酒、春らしいやわらかい味のもの、春酒もたくさん入荷中です!
店内は一足早く春色です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/08

く、く、苦しい・・・・

コルセットが出来上がりました

とっても苦しいです。というよりも、今までの私って、かなり猫背だったのね・・・・、と実感してしまうほどの強制力。
大リーグ養成ギブスのような感じ(つけたことありませんが・・・)です。
座ったときに背すじがシャンとして、座高がかなり高くなりました・・・

しかし、この付け心地は着物を着たときの帯の付け心地と一緒・・・。ということは、大枚(2万4000円也)をはたいて買わなくても、着物生活にすればよかったんじゃないの・・・、という思いもチラッと脳裏をかすめますが、毎日着物を着るわけにもいかないので・・・・・・。

ま、そんな訳で、本日は病院に行ったため、午前中は家でゆっくりしてから出勤。ちょうど、10時より「御宿 かわせみ」の再放送がやっていたため、久々に鑑賞。
るい役の高島礼子さん、素敵です以前金曜にやっていたときは、まだ着物ブームの前だったので、着物にはあまり目がいってなかったのですが、あらためて見ると、キレイな色目の小紋をはんなりと可愛く着こなしていて、ホントに素敵。「馬鹿ばっかし」というお決まりのセリフも可愛いらしく、健気でしかも色気もありたまりません

P3072037


ところで、明日、NHKテレビの「プロフェッショナル~仕事の流儀~」で石川の「常きげん」「益荒男」を醸している杜氏の農口尚彦氏が紹介されます。農口杜氏は長らく「菊姫」で采配をふるっていましたが、現在は「常きげん」を醸す鹿野酒造さんに移っておられます。
農口杜氏の醸す山廃純米はもったりしたところのない、キレのある酒。今だけの無濾過の生酒は、また違ったフレッシュさと独特の酸味があります。
明日は、「益荒男 山廃純米無濾過生原酒」を片手に、「プロフェッショナル」、是非ご覧下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/07

石鎚 春の酒

P3062035


金曜日はとても暖かかったので、きのう、おとといと石鎚さんの「春の酒」を飲みました。

おつまみは、そらまめの塩茹で、鶏のから揚げネギソース、八宝菜。

そういえば、この間、石鎚の越智専務と話をしていたら、越智専務も12月に腰を痛め、4日間起き上がることができなかったそうです。同じ痛みを味わった者同士、「そうそう、そうなのよ~!」としばし、腰痛話に花が咲いてしまいました
石鎚さんとお付き合いを始めて10年。腰痛話で盛り上がるとは夢にも思いませんでした・・・・。

さて、この春の酒ですが、石鎚さんのお酒らしく、程よい香りと清涼感のある上品な味わいです。酒母に山田錦35%を使用しているので、かなり贅沢なお酒です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/05

掌中の珠

P3052026_2


庭のクリスマスローズは只今満開。雪柳も咲き始めました。
春近し!

P3052028


さて、待ちに待った八千代伝酒造さんの限定焼酎「掌中の珠 しょうちゅうのたま」が入荷しました!
「掌中の珠」とは辞書で意味を調べると、一、最もたいせつにしているもの、二、最愛の子ども、という意味のある言葉。
そこからも分かる通り、この「掌中の珠」は吉行正巳杜氏が最愛の子どもを慈しむように、吉行杜氏の掌でゆっくりと育まれた大事な大事な焼酎です。5年甕壺貯蔵のまろやかな逸品。
是非、ご賞味ください!

さて、3月は別れの季節。私にもある別れがお訪れようとしています
私が密かに「麿」と呼び、お慕いしていた、NHKの登坂アナウンサー(昼の1時と夕方6時のニュース担当)が3月一杯で降板し、札幌に行ってしまいます・・・・
明るいニュースのときははにかんだ笑顔、悲しいニュースのときは悲しみの表情。民放のうるさいだけのアナウンサーとは違った正統派アナウンサー。悲しいです
札幌に行っても頑張ってください!
でも、武田アナウンサーも野村アナウンサーも好きなんですけどね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/03/04

イチローさんからの贈り物

P3042016


イチローズ・モルトを醸造するベンチャーウィスキーのイチローさんから小包みが届く。
開けてみると、そこには一冊の本が・・・。題名は「シングルモルト&ウィスキー大辞典」。監修者が肥土伊知郎さんとなっております!

P3042018


そして背表紙にはイチローさん直筆のサイン宛名はもちろん社長宛ですけど・・・。

中をパラパラめくると、各蒸留所の紹介ページに時々、「監修者スコッチ談」というのが載っており、これが面白い!分かりやすい内容なので、ウィスキー初心者にもおすすめです。
日本のウィスキーにはもちろん、イチローズ・モルトも紹介されています是非、本屋さんでお買い求めください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桃の節句

昨日はひなまつり。桃の節句です。

P3022015


我が家には子供はいないので、いまいち節句にはピンとこないのですが、スーパーにはひなまつり向けに鯛の切り身や鯛のおかしらやはまぐりがたくさん並んでいたので、料理だけは春を祝う気持ちで、昨晩は、鯛のおかしらの煮付け、たけのこごはん、アサリのお味噌汁、菜の花の辛し和え、里芋のにっころがし。

ホントははまぐりのお吸い物にしたかったのですが、国産のハマグリだと780円もするので断念。鯛のおかしらは定価300円のところ、遅い時間に買いに行ったので、半額
もちろん、切り身よりも食べるところは少ないですが、中年夫婦は食欲もあまりないので、このくらいがちょうどいい。

お酒はヘルニアのため、断念・・・、というわけにはいかず、九頭龍の純米吟醸をお燗でチョッピリ(?)いただいちゃいました

ヘルニアはだいぶ良くなりました。実は来週、日生劇場に市川染五郎さん、片岡愛之助さんの「染模様恩顧御書 そめもようちゅうぎのごしゅいん」を観に行く予定なので、それまでには気合で治します
何を着ていこうかしらん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/02

救急車で搬送されるの巻

ちょっとご無沙汰していました。すみません!

実は、木曜の夜から腰が痛くなりまして、翌日の朝には起き上がることができなくなりました
一日寝ていれば治るかな、と軽く考えていましたが、土曜になっても良くならず、朝、ツレにトイレまで連れて行ってもらったものの、かがもうとするや激痛に襲われ、そのまま倒れてしまいました。

歩く事もできないので、仕方なく救急車を要請・・・・腰痛で救急車を呼ぶのはいかがなものか、と考えましたが、廊下に倒れたままでいるわけにもいかず、救急隊員の方に担架に乗せられ、緊急外来へ・・・・・。

救命センターでは事故に遭われた方もいて、ただの腰痛で来てしまった私は痛いものの場違いな雰囲気しかし、優しい看護師さんが「いいんですよ~。腰痛も大事になったら大変ですからね~。」とおっしゃってくれたので、少し安堵。ただ、運ばれたものの、腰痛では痛み止めを打つしかなく、原因はMRIを撮ってみないとわからないということで、少しみてもらい、翌日のMRIの予約をして帰宅することに・・・・。

薬が効いたのか、かなり痛みは軽減され、日曜には起き上がれるようになりました。そして、MRIを撮りに再度病院に。この日は日曜だったので診察はされず、診察は月曜になりました。

そして、昨日診察してもらうと、「う~ん、これはけっこうひどいヘルニアです。前から痛くありませんでしたか?」とのこと。
急に起き上がれるようになった私を見て、ツレが「人の気を惹こうという一人芝居じゃなかったのか?」と不審に感じていたところだったので、ヘルニアであることがわかり、少し安堵?
そして、「足がしびれるようだったら、手術も必要ですが、今のうちはコルセットをしたほうがいいですね。で、当分安静に。」安静にと言われても、決算なのでずっと寝ているわけにもいきません、と言えるはずもなく、コルセットの型をとって帰宅いたしました。
痛み止めの薬もたくさんもらい、普通に生活できるところまで回復。健康でいることのありがたさを実感した4日間でした。

皆さん、痛くなったら無理しないで早めに病院に行きましょう~。腰痛で救急車はかなり恥ずかしかったです


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »