« ひとあし早く桃の節句 | トップページ | やっちまった・・・ »

2009/03/09

酒粕ローション

以前のブログで美白には「酒粕ローション」と書いたくせに、作りかたをのせていなかったので、数人のお客様から酒粕ローションの作りかたの問い合わせを頂いたので、今回は酒粕ローションの作りかた大公開!?

用意するもの
・酒かす25g、精製水200ml、グリセリン小さじ1/2、無水エタノール、コーヒーフィルター、保存びん

作りかた
1、鍋に精製水と酒粕を入れます。
2、酒粕が液状になるまで弱火で10分ほど煮詰めます。
3、コーヒーのドリッパーにコーヒーフィルターをセットして、2を流し込み、1時間ほどかけて濾過します。
(ドリッパーがなければ、茶こしでもなんでも代用できるものにフィルターをおいて濾過する。)
4、濾過している間に、保存びんの消毒のため、無水エタノールを4~5滴ほどいれます。
5、フタを閉めたらよく振って、消毒し終わったら、無水エタノールを捨てて乾燥させます。
6、濾過された液体が冷めたら、保存びんに移します。
7、グリセリンは最後に入れます。
8、フタを閉めて、振って全体を混ぜ合わせれば完成。

注意・防腐剤がはいっていないので、なるべく早く1週間以内に使いきってください。また、保存は冷蔵庫で。でも、冷たすぎると固まってしまいます。

私は多めに酒粕を入れて作っていますので、できあがる量がほんのわずか。色も白濁しており、ちょっと美容液チックです。ただ、付け心地は、グリセリンが少なかったのか、ツルツルにはなりますがかなりつっぱります。そして、やはり酒粕のニオイがちょっとします。なので、普段のお手入れにプラスして、美容液代わりにシミやシワのところにつけるのが良いかも・・・。

しかし、ホントに日本酒は無駄なところがないですね。素晴らしい!
中からも外からも日本酒を摂取して、キレイになりましょう~。
(男性の方はグリセリンを入れなければ、育毛剤としてご使用になれます。)


 

|

« ひとあし早く桃の節句 | トップページ | やっちまった・・・ »

コメント

こんにちは!
ほんと、日本酒って素晴らしい(*´∇`*)
やっぱりスーパーとかで売っている「カッチカチ」のやつより、地酒蔵のやんわりした酒粕のほうがベターでしょうか?

育毛剤にもなるとは!!まさに万能!!
早速あの方にすすめてみますw

投稿: まっちゃん | 2009/03/09 13:19

おっローションのレシピでましね。

まだ、田酒の酒粕があるから作ってみるか?

でも粕汁、甘酒と作ったら、次は粕漬けかな?

髪の方は、今のところ心配ないので

やっぱり、胃に入るのかな

投稿: chelsea | 2009/03/09 13:54

まっちゃんさん、毎度ありがとうございます!

酒粕はスーパーで売ってる絞りきった本当にカスのような酒粕でなく、お酒屋さんで売っている地酒蔵のしっとり・やんわりした酒粕が栄養成分豊富でおすすめです!

是非、お試しを!

投稿: s | 2009/03/10 10:48

chelseaさん、毎度ありがとうございます。

奥様はまだ若いので、シミ・シワ対策はまだまだ先のことだと思いますが、意外に(?)これは良いです!

でも、男性には粕漬けが一番おすすめですね

投稿: s | 2009/03/10 10:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酒粕ローション:

» 脱毛症の種類 [フケの嵐〜頭皮相談〜]
脱毛症には男性型脱毛症の他に、様々な症状があります。自分は男性型ではないと思う方は参考にしてみて下さい。  ■脂漏性脱毛症脂漏性脱毛症は、頭皮における皮脂の過剰な分泌が原因で起こる脱毛症です。特に食生活や洗髪の方法等によって皮脂が過剰に分泌され発症します。皮脂の過剰な分泌は、毛... [続きを読む]

受信: 2009/03/09 19:17

» 明るい育毛 [明るい育毛]
最近、女性にも育毛を考えている人が増えていいます。女性の薄毛・細毛が急増しているからです。 [続きを読む]

受信: 2009/03/10 10:18

» シャンプー選び [フケの嵐〜頭皮相談〜]
ほとんどの方が毎日行う洗髪。洗髪に使用するシャンプーは、頭皮に合わないものを使用すると必要な皮脂が剥がれ落ちてしまい脱毛症の原因になります。育毛シャンプーを使用しているのになかなか効果が現れないのは、ご自分に合ってないからかもしれません。シャンプーは様々なメーカーから、様々な種類が販売されていますがどう選んだら良いのでしょうか?大きく分けて4種類のシ... [続きを読む]

受信: 2009/03/10 19:03

« ひとあし早く桃の節句 | トップページ | やっちまった・・・ »