« 南部美人「燗!」 | トップページ | 新年会その2 »

2009/02/07

新年会その1

昨日は本年最初の新年会。といいましても、年に一度の我が母校の野球部の新年会です。

懐かしい面々に久しぶりに会える会なのですが、ここ何年か若手(?)はほとんど同じメンバーなので少しマンネリ化。同期の諸君、是非来年はご参加ください。

200902062102000
ツレとのツーショット(嘘)。
いつも声が小さくて顔を近づけないと声が聞き取れないダンディー大吾さん。
また、横浜でご馳走してください。

200902062103000
可愛い(?)後輩、アマゲロエース。二度目の登場。ゴルフはちゃんと行けたのかしら?お酒のご注文またお願いします。

携帯の写真なのでイマイチですが、かえって顔がぼけててよいかも・・・。いつものごとく、いい気分になってます。すみません

今回の新年会の目玉(?)というか注目の話題は、なんといっても我が母校から初のプロ野球選手が誕生!ということ。
平成20年卒の滝口和眞くんがBCリーグの石川ミリオンスターズにドラフト3位の指名を受け、入団が内定いたしました。このBCリーグは北陸・上信越の6チームからなる独立リーグで、監督は金森さん、投手コーチ兼選手に元西武だった森慎二さんがいます。
滝口くん、がんばれ~!

新年会お開き後は、サラリーマンで溢れかえる東京駅のガード下にて二次会。不況といってもどこも満員。
お酒は明日への活力ですね。いい仲間と飲むお酒はホント美味しいです。皆さん、お疲れ様でした。

|

« 南部美人「燗!」 | トップページ | 新年会その2 »

コメント

昨日はお疲れ様でした。
お蔭様で、今年も無事に帰還できました。
なるほど、今はこういう時代なのですね、と、おやじっぽいですが、あらためてブログを拝見て、思いました。
ところで昨日「ツレ」に渡した本、なかなか面白いので、読んでみて下さい。
「ツレ」にヨロシクお伝え下さい。ではまた。
あと、お酒、横浜でも配送OKですよね?

投稿: DAIGO | 2009/02/07 12:59

大吾さん!昨日はお疲れ様でした。
それにコメントありがとうございます

無事にお帰りになられたのなら、よかったです。こちらも無事に帰還いたしました。
一年に一度ですが、昔に戻れて楽しい時間を過ごすことができました。
ただ、毎度のことながら、暴言・妄言がありましたら、お許しください・・・。

本は映画で話題になった「おくりびと」の原作ですね。ツレが読み終わったら、読んでみます。

お酒はモチロンどこでも宅急便でお送りします!美味しい日本酒たくさんありますよ~。ワインも色々あります。プリン体なんて気にしないでガンガン飲みましょう~。

それでは、ありがとうございました。

投稿: s | 2009/02/07 13:40

またまた、ヒットで…。
野球お好きなんですね、ってブログ見てたのですがそこまでとは。
私も実は野球しかやったことがなく…。高校では甲子園一歩手前で残念ながら…。それでも、今も会社の野球部率いております(
我が高も昨年楽天ドラ一で初プロ野球選手誕生で盛り上がりました
何かに打ち込めたってことは今でも生きていますねー。
細かい話は抜きにして…。
御社取扱のお酒が今月「danchyu」に掲載されてましたよー!!
失礼ながら、決して大きい酒屋様ではないですが大好きな酒屋様です楽しい情報よろしくお願いしますね。
明日、行けるかなー??

投稿: のり | 2009/02/08 00:01

のりさん、コメントありがとうございます!

お~、甲子園一歩手前・・!素晴らしい!いや~、勝手に色々書いていますが、そんなに野球には詳しくないですよ。ただ、父が野球が好きで幼稚園の頃、巨人の星並みに(?)なぜかランニングをされられました(モチロン私用のグローブもありました)。しかし、それがトラウマになり子供の頃は野球は全くみませんでした。でも、血は争えないのか?気が付くと野球部のマネージャーになってました

会社の野球部の監督をされているのですか?いや~、ホントに上手いのですね!尊敬します。うちのツレはなぜか子供もいないのに、少年野球のコーチになってしまい、1月から土・日は江戸川に行ってます。こちらは下手の横好き

ダンチューは「石鎚」「雅山流」「白瀑」「土佐しらぎく」などが紹介されていましたね。若手の色々な造り手が紹介されるのはとても喜ばしいことです。

小さいながらもキラリと光る酒屋を目指してこれからも頑張ります!

投稿: s | 2009/02/08 11:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新年会その1:

« 南部美人「燗!」 | トップページ | 新年会その2 »