« ねこ鍋ならぬ、ねこプランター? | トップページ | 荒野の七人 »

2008/01/13

鷹勇 山廃純米H18by

P1130490
新春から、もしかして今年のベスト3に入るかもしれない、お酒に出会ってしまいました・・・・。

鳥取の鷹勇の山廃純米(50%精米)の平成18byが入荷したので、試飲してみると・・・・!!
口に含むと、山廃独特の酸味と甘みが広がりますが、それは一瞬のことで、そのあとは鷹勇独特の爽快感が口に残ります。つまり、いやな甘みが残らず、きっぱり、さっぱりした山廃なのです!いや~、こんなに爽快な山廃があったのね・・・。もちろん、H18byですから、まだ若いです。熟成した酒が鷹勇の真骨頂でもありますが、坂本杜氏がH18byで引退されたので、坂本杜氏最後の山廃、ということで、この酒は今後人気がでそう。
でも、よく酒屋のお友達からは「よく、あまり売れそうもない酒を売ってるね~。」と揶揄されるように、この鷹勇など、派手さが全然なく、玄人好みの酒なので、そのよさをわかってくれる方は、やっぱ少ないのかな~。う~ん。でも、この酒は一度飲むべし!

しかし、今日は本当に寒いですね~。ツレはなぜか連休なのに今日は飲み会なので、わたしは店で「よしのや便り」を執筆(?)していましたが、指先が凍える~。体を温めるためにも、これから、ジムに行ってきま~す。

|

« ねこ鍋ならぬ、ねこプランター? | トップページ | 荒野の七人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鷹勇 山廃純米H18by:

« ねこ鍋ならぬ、ねこプランター? | トップページ | 荒野の七人 »