« ボージョレー・ヌーヴォー解禁 | トップページ | 獺祭いろいろ »

2007/11/20

タケダワイナリー 特別限定醸造ワイン赤2007

Pb170168
11月18日の読売新聞日曜版にて、タケダワイナリーさんのサン・スフル微発泡白が紹介され、瞬く間にサン・スフルの白は市場から姿を消してしまったようですね。
出来立てのシュワシュワを味わえる貴重なワインだっただけに、味わいたかった方も多いと思いますが、それは来年のお楽しみ!ということで・・・。ボージョレばかりがもてはやされる日本ですが、どっこい、日本のワインの新酒も美味しいんです!せっかく、日本人に生まれたからには、できたての日本のヌーボーを飲もうではありませんか!?しかも、ボージョレ・ヌーボーに較べて、お手頃だし。

というわけで、昨日はタケダワイナリーさんの赤の新酒「特別限定醸造ワイン ライトタイプの赤2007」を。
とってもキレイなルビー色で、喉越しはスルスル。とっても飲み良いワインです。フレッシュ感抜群。白の特別限定醸造もそうだったけれど、あっという間になくなってしまいました。
昨日、いらしたお客様とお話していたら、「この白ワイン、すぐなくなっちゃったよ~。ジュースみたいだった。」「そうそう、料理しながら飲んでたら、私も半分飲んじゃってたわ~」と料理しながら飲んでしまう二人は、ジュース感覚でこの白ワインを飲んでいたのでした。いいんでしょうか・・。ちなみにこのお客様は男性です。奥様が平日は忙しいので、平日はお料理当番になるそうです。
赤も白に負けず、のどごし良く、フルーティー。ここのワインを飲んでいると、海外のワインは最近重く感じられるようになってきました。体力が落ちてきたのか?身体がスルスルワインを求めているのか?どちらでしょう??

Pb200173_2
ここのところ、寒くなり、庭のサザンカの芽もふくらんできました。サザンカが咲くと、冬の庭も少しは明るくなります。柿もそろそろ、収穫しなければ・・・・。そういえば、桝田さんが「東京には庭に柿の木なんてないでしょう~。」とおしゃっていましたが、埼玉にはありますよ。渋柿だけど。


|

« ボージョレー・ヌーヴォー解禁 | トップページ | 獺祭いろいろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タケダワイナリー 特別限定醸造ワイン赤2007:

« ボージョレー・ヌーヴォー解禁 | トップページ | 獺祭いろいろ »