« キンモクセイ | トップページ | 鶴瀬よさこい »

2007/10/12

誘拐ラプソディ

今朝起きて、カーテンを開けると、駐車している我が愛車の上に猫が寝ていました。ガ~ン・・・。
前の車のときには、ボンネットで寝ようが気にしなかったのですが、さすが新車になると、ちょっと心もせまくなり、可哀相とは思いながら、猫を追い払ったのでした・・・・。(猫が車の上で寝だすのは、夜寒くなってきた、ってことなんです。車の上は、夏は暑いですけど、これからの季節には猫のかっこうの寝場所になります。)

さて、昨日も試飲会。様々なお酒を試飲し、久しぶりに会う方と歓談してパワーをもらいましたが、なんだか、飲み疲れたのか、人に酔ったのか、店での仕事を終え、帰宅する頃には身体が超お疲れモードに。それでも、やっとこさ、じゃがいもと鶏肉と野沢菜のいためものを作って、一息入れていると、ツレから「あれ?今日試飲会だって言ってたから、約束しちゃった・・・。」と電話。またもやガ~ン。あと、餃子を焼くだけだったのに・・・。
明日にしようかな~。「え?餃子?昨日も食べたし、それはそちらで処理してくれよ。」との冷たいお返事。で、仕方なく一人で15個も食べました。餃子を一人で頂くっていうのもなんだかね~。昨日は、昼間に日本酒だったので、夜はワインにしました。でも、あまり飲めず・・・。体力の限界を感じた一日でした。(顔筋マッサージもモムチャン体操もやる気力がなくなってしまいました・・。)
200710112144000
写真に写っている本は荻原浩さんの「誘拐ラプソディ」というご本。荻原浩さんというと、若年性アルツハイマーの映画「明日の記憶」の原作者として有名(?)でもあります。が、その事実を私はごく最近まで知りませんでした。というのも、この方の作品は「オロロ畑でつかまえて」「なかよし小鳩組」といった、オチャラケ(?)ユーモア小説しか読んだことがなかったので・・・・。いや~、この二作品、広告業界とヤクザ業界に精通できますし、電車の中で「プププ・・・」と笑ってしまうこと間違いなし。くだらないけど、面白いそんな作品です。
この間まで「神様からひと言」を読んでいたのすが、読む本がなくなってしまったので図書館から「誘拐ラプソディ」を借りてきて今読んでいます。これも、なかなか面白いです。とくに、ちょっと疲れた中年にはね。

|

« キンモクセイ | トップページ | 鶴瀬よさこい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誘拐ラプソディ:

» 高学歴ほど、急速に記憶喪失が進行 [とれたて時事ネタ!ニュースなブログ]
頭を使っているほうが、「ボケない」なんていいますが、そんな単純な話でもないみたいです。 アメリカのアルバート・アインシュタイン医科大学の研究チームによると、 認知症やアルツハイマーが発症した後は、高学歴な人ほど、 進行が早いという調....... [続きを読む]

受信: 2007/10/24 17:23

« キンモクセイ | トップページ | 鶴瀬よさこい »