« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007/08/30

雅山流 葉月

ちょっとだけ涼しくなってきました。
泡モノばかり飲んでいましたが、日本酒、飲みたい!モードにようやくなってきました。

そんなわけで、昨日は新規取り扱い銘柄の山形の「雅山流」の純米吟醸生「葉月」を頂きました。
雅山流は、前々からいい酒だな~、と思っていたのですが、この度、ひょんなことからお取引できることになりました。今話題のお酒、ということで、お取引は難しい、と聞いていたので、本当に感謝です。

で、お酒ですが、「葉月」は出羽燦々60%の純米吟醸生酒、ということもあり、生酒らしいフレッシュ感と清涼感の感じられる、とてもフルーティーな味わい。久々に、フルーティー系のお酒の取り扱いですが、この雅山流はフルーティーといっても、甘甘でなく、清涼感あるきれいなフルーティーさです。この点もとっても好感が持てます。

Gasanryuu
昨日は、しょうまい、大根と鶏の手羽先の煮物、ほうれんそうのごまあえ、エリンギのスープという献立でしたが、しゅうまいにはけっこうあっていたかも?煮物はもっとあっさり味のもののほうが、お酒のフルーティーさを楽しめたかもしれません。でも、旨いものは、何とあわせても美味しいです。

ところで!最近、マッチの露出が異常に多いな~、と思っていたら、やはり番宣のためなのですね~。そういえば、昨年のこの時期もドラマのために、雑誌、テレビにやたら出演していたような・・・。(昨年も婦人公論にでてたので、コンビニで立ち読みしたような気がする・・・。今年は安達祐美さんと婦人公論にでております。これも立ち読み。)
一年に一回の二時間ドラマ出演・・。うらやましい。でも、マッチはやはり、永遠のアイドルですね~。カッコイイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/19

夏休みパート2

夏休みは水曜で終わりのつもりでしたが、ツレが連休をとったので、昨日は日光に行ってきました。

Kanayahotel
目的地は中禅寺湖金谷ホテル。立ち寄り湯の「空ふろ」というのがあるらしく、そこで温泉につかってから、金谷ホテルでランチという贅沢なコース?
「空ふろ」は乳白色の硫黄のお風呂で、とっても気持ちよく、肌もツルツルになったような感じ。露天風呂もありました。
お湯に浸かって、ゆっくりしたあとは、中禅寺湖金谷ホテルの名物料理?虹鱒のグリルのランチを。もちろん、私だけはビールをいただきました。風呂上りのビールは格別美味しいです。
実は小説「ハゲタカ」でここのホテルが登場しています。もちろん、モデルとしてですが、本を読んでから、ここを訪れると、感慨もひとしお。歴史のあるホテルというのは、風情があっていいですね。一度は泊まってみたいものです。

Kegon
その後は、雨も降ってきたので、華厳の滝を見物してから、帰路に。華厳の滝は、小学校の修学旅行以来でしたが、勇壮な姿に圧倒されました。

これで、平和な夏休みが終わるはずだったのですが、もうすぐ自宅!というところで、なんと、後続の車に追突されてしまいました・・・。実は、ワタクシ、追突されるの今回が3回目。これって、どういうことなんですかね~。もう、車乗るな、ってことでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/16

夏休み

昨日は、唯一の夏休み(定休日)だったので、都心に遊びにでかけました。

まず、秋葉原にオーディオセットを買いに行き、神田まで歩き、お昼は神田の「いせ源」さんでうなぎ。ここは、注文してから、うなぎを焼くので、でてくるまで30分から40分ほどかかります。特に急ぐ用事はないので、ビールを飲みながら待つことに。出てきたうなぎはやわらかく、とても美味でした。ここの建物は年代モノでとても風情があり、なんとなく、今日は江戸を満喫するつもりになり、お昼を食べると、新宿の末広亭へ寄席を見に行くことにしました。

20070815
着いたときには、もうお昼の部は始まっていました。席は満席に近く、たまたまあいていた席に運良く座れることに。見れたのは、神田紫さんの踊りから、曲芸のボンボンブラザース、桂米丸師匠、三遊亭右紋師匠、春風亭小柳枝師匠、三笑亭可楽師匠の落語、新山真理さんの漫談、最後にアロハマンダラーズのハワイアン。
生の寄席は初めてだったので、とっても面白かったです。

その後は、伊勢丹で買い物をして、なぜか桂花でラーメンを食べて帰りました。(ラーメンを食べていると、途中で入ってきたお客さんの一人がたぶん?絶対?ヨネスケさんでありました。今日の末広亭の夜の部に出演されるので、腹ごしらえをしていたのでしょうか?)

20070815c
最寄駅に到着しても、まだ7時くらいだったため、まっすぐ家に帰る気にならず、西川口の名店「カスク&スティル」で一杯飲んでから帰りました。私が飲んだのは、よなよなリアルエールとイチローズモルト15年、イチローズモルトについては弊店でも扱っておりますので、詳しくはコチラまで?

結局飲んでばかりで、あっという間に、短い、私の夏休みは終わったのでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/13

私のうちに時々、野良猫がエサをもらいにやってきます。

この一ヶ月くらい姿を見せなかったのですが、先週からうちのウッドデッキで夜から寝ているようになりました。最初の日は一匹だけだったのですが、翌日にはなんと子猫を連れて、二匹で仲むつまじく寝ているではありませんか!一体、何時の間に母猫になっていたのでしょう・・・。朝、家を出るときにエサをやり、帰ってきてウッドデッキを見ると、まだいます。
で、三日めにはなんともう一匹増えていました・・・。最初の子猫は、足が悪いらしく、足をひきずっています。私の見たところ、この暑さだし、そんなに永くはなさそう・・・。たぶん、具合の悪い子猫を見守るために、与しやすい、と見た、私のうちに居候を決め込んだ様子。それからは、昼は車の下や日陰のところで、母猫と子猫の二匹が休んでいる姿が見られるようになりました。
しかし、金曜日あたりから、最初は元気にエサを食べていた、足の悪い子猫が、エサをやりに行っても、車の下から動かなくなってしましました。やはり、この暑さがずいぶんこたえている様子。私が子猫に近づこうとすると、母猫がフーっと威嚇して近づけないようにします。
仕方なく、しばらく様子を伺っていましたが、そのうち居ても立ってもいられなくなり、昨日の朝に子猫の近くに水の入った器を置いてみました。すると、うづくまっていた子猫が少し水を飲んでいます。母猫は少し離れたところから、その様子をじっと見つめていました。
少しはよくなるかな、と思っていましたが、残念ながら、今朝、子猫は車に下で短い人生終えていました。
母猫は離れたところで私の様子を伺っていましたが、私が埋めようと穴を掘ったりしていると、近づいてきて、何か目で言っているようでしたが、そのうち、以前のように、どこかへ行ってしまいました・・・。私にはそれでは、「あとはよろしくお願いします。お世話になりました。」と言っているようでした。

ところで、ウチの店の看板猫だった美猫のいくらちゃんが昨年のお盆前に姿を消してから一年が経ちました。亡くなった父と仲が悪かったので、お盆で父が帰ってくるので、どこかに行っちゃったのかな、なんて最初は言っていたのですが、いくら探しても、いくらちゃんのその後はわからないまま・・・。色々な猫を見ますが、あんな美猫はなかなかいないものです。(親馬鹿?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/09

タケダワイナリー 蔵王スターワイン赤

土曜日に、タケダワイナリーの岸平和寛営業部長がおみえになりました。この方はタケダワイナリーの社長にして女性醸造家の岸平典子氏のだんなさまです。

今年のぶどうの生育状況や、最近の売れ筋などについて色々伺いました。昨年はぶどうの収量が少なかったので、今年はこれからの暑さに期待したい、というところだそう。収穫時期に雨さえ降ってくれなければ、今年はけっこうよさそう、とのことです。タケダさんの新酒は、マスカット・ベリーAとデラウェアがあり、ベリーAはボジョレーよりも価格が断然安い上、とてもフレッシュで伸びやかな味です。日本の新酒も捨てたものではありません。

ベリーAといえば、この間発売になった「日経おとなのOFF 9月号」のこの夏、一番旨い酒特集のベリーA部門で「蔵王スターワイン赤」が紹介されていました。マスカット・ベリーAらしい、ちょっと甘くてインクのような香り。味わいは柔らかく、スルスルと飲めるカラダに優しい赤ワインです。何時の間にか1本開けてしまう、そんなワイン。弊店では、もっとスルスル飲める無添加の「サン・スフル」をおすすめしていましたが、千円ちょっとのこの「蔵王スター」もこれからはおすすめしていきたいと思います。

そんなわけで、昨日は「タケダワイナリー 蔵王スターワイン赤」を頂きました。夏なのでけっこうギンギンに冷やして飲みましたが、渋さはそれほどなくスルスルと飲めて美味。
Takeda
ほっとくと、全部自分で飲んでしまいそうだったので、ペース配分して飲みました。昨日はのごはんはナスのカレーとたことトマトと水菜のサラダ。カレーのときはうちでは、大体ワインですね~。よくロゼワインとカレーとか言うけれど、うちでは軽いタイプの赤ワインとあわせちゃいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/04

飲みすぎて・・・

昨晩は、お仲間の酒屋さんや蔵元さんなどと暑気払いでした。

國権 純米吟醸、田酒 特別純米、満寿泉 純米吟醸、手取川 酒魂、出羽桜 出羽燦々、日高見 純米、南部美人 特別純米、琵琶の長寿 純米吟醸などを飲みました。場所は永田町の都市センターホテル内にある高級和食店。いつもと違い、着物の女性がお料理を一品一品運んでくれます。はじめははしをつけていたものの、途中から食べるタイミングを逸して(おしゃべりに夢中になり・・)、気がつくとお酒を飲んでばかりでほとんどお料理を食べていませんでした。あ~、もったいない!

あまり食べなかったせいか、昨日は久しぶりに悪酔いしてしまい、皆さんにご迷惑をおかけしてしまいました。大変申し訳ありません・・・。美しく健康な40代(まだだけど)を目指しているのに、こんなことではダメですね~。反省・・・・。大人の女性はエレガントでなければいけないのに・・。まだ、修行が足りません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »