« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007/03/22

石鎚 純米吟醸緑ラベル

昨日は祝日と定休日が珍しく重なったため、一日家にいました。

そうじ、せんたくとやることをやり、ちょっと暖かくなったので、庭いじりでもと思い、庭のさざんかを剪定していると、近所の子供達が小さなブルドッグ(ミニチュアブルドッグ?そんなのあるの?)を散歩させていました。そこへ近所の飼い猫が登場。その飼い猫ですが、かわいい顔をしているのですが、性格が凶暴で、私が目撃したところ、以前、犬の散歩していた中年の女性に襲い掛かっていることがありました。夫も通勤途中にその猫に出会い、襲われそうになったことがあります。
当然、そのブルドッグに気がついた猫は、道の真ん中だというのに、険しい顔でブルドッグを睨んでいました。子供達に「その猫、凶暴だから逃げたほうがいいよ。」と私が言ったところ、子供達はそそくさと退散。
猫はしばらく、道にたたずんでいましたが、そのうち行ってしまいました。

飼い猫なのになんで凶暴なんでしょう?野良猫が追いかけられているのも見たことがあります。う~ん、なぞ。

さて、久しぶりの庭は海棠のつぼみもふくらみ、クレマチスも新芽がでてきました。桜も開花したそうですし、お花の時期ももうすぐです。クレマチスのモンタナは株が大きくなりすぎてしまい、おととし枯らしてしまいました。今育っているのはテッセンです。クレマチスの株が売っていると思わず買いそうになります。いいですよね~。

買い物に行くと、鯛が安かったので、昨日は鯛ごはんにしました。
おかずは鶏とごぼうの煮物とタコとせりのゴマ酢あえ、鯛のおかしらの煮たの、青そりのお味噌汁。お酒は石鎚の純米吟醸緑ラベル。石鎚は新酒です。蓋を開けたときはけっこう、いろいろ香りがしたのですが、少しおいていくと、香りもおだやかになり、さっぱりときれいな酸が楽しめる、石鎚らしい味に。昨年よりは軽い感じもしますが、何杯も飲めるいいお酒にかわりはありません。美味しいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/03/05

サン・スフル2006

土・日と夜はタケダ・ワイナリーの「サン・スフル2006」を飲んでいます。このワインは山形県のぶどう栽培農家の花輪さんが特別に造ったマスカット・ベリーAを亜硫酸無添加で造った、本当の無添加ワインです。

このワインのことを語ると、長くなってしまうので、あまり書きませんが、2006のサン・スフルは2005とはちょっと違い、ぶどうも選別してよりいいものだけを使用しています。また、濾過をほとんどしていないので、オリがあり、色は普通のワインの色に比較すると、ちょっと濁った感じ。ぶどうジュースの色のような紫です。完全無添加なので、常温でほっておくと、二次醗酵してしまうかもしれませんので、保存は冷暗所か冷蔵庫で。

で、味ですが、リリースされたばかりなので、開けたばかりのときは、ほんのりシュワシュワ感がある感じ。ジューシーで飲みやすいスルスルワインです。2005より味の密度は濃くなって進化しています。和食にもなんでもあいそう。土曜はトマトソースのパスタでしたが、日曜は肉じゃがとアジの塩焼きにほうれんそうのおひたしといちご煮のまぜごはん。まぜごはんにどうかな~、と思いましたが、意外に飲めました。肉じゃがとはバッチリ。二日目は発泡感もなくなり、よい感じでした。いや~、1500円くらいで本当の無添加ワインが飲めるのは大感激です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/01

オルセー美術館展

昨日は定休日だったので、上野の東京都美術館で開催されている「オルセー美術館展」に行ってきました。

オルセー美術館展、平日にもかかわらず、35分待ち。チケットにも描かれているマネの「すみれのブーケをつけたベルト・モリゾ」やドガの「テレーズ・ドガ」、ルノワールの「ジュリー・マネ(あるいは猫を抱く子供)」、モネの「ルーアン大聖堂」、ゴッホの「アルルのダンスホール」、セザンヌの「サント=ヴィクトワール山」、ゴーガンの「黄色いキリストのある自画像」などなど、見所はたくさん。
でも、人が多いので、じっくり見ることはできませんでした。帰ってから、あれ~、この絵見てないよ!と思ったのもあり、ちょっと残念。また、行きたいです。実はミレーの「晩鐘」があるのかな、と期待して行ったのですが、今回はなし。ミレーの作品は「クレヴィル教会」のみでした。ミレーとは縁がないようで、以前ボストン美術館に行ったときも、ミレーの一番見たかったものが貸し出し中で見れなかったことが・・・。

久しぶりに絵を見たせいか、昨日はワインの気分になり、勝沼醸造の「アルガ・ブランカ イセハラ2006」を。気がついたら、半分以上飲んでました。2006ビンテージはお花の香りが濃厚。でも、フレッシュでとっても美味しいワインです。大根の煮物ともバッチリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »