« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/21

開運さんに行ってきました

昨日、静岡県掛川市にある「開運」醸造元土井酒造場さんに蔵見学に行ってきました。
昨日はあいにくの雨で少し肌寒かったのですが、開運さんの敷地内にある、梅の木には梅の花が咲いていました。やはり、埼玉に比べ静岡は暖かいようです。

さて、蔵ではちょうど外で米を洗っていました。浸漬などは蔵人さんが時間を見ながら行っていましたが、実際洗っているのは高性能洗米機です。でも、この機械ひとつ1千万もするそうで、いいからといっておいそれと買える品物ではありません。開運さんのように、売れていて、しかも積極的な設備投資にはお金を惜しまないところにしかこういった機械はないように思えます。
酒造りはロマンがありますが、実際全部手仕事でやるというのは、とても大変なことです。「機械はあくまでも杜氏や蔵人を助ける道具」として機械を使用し、人間の五感を働かせなければいけない仕事に集中できるように蔵元は配慮しているのです。ですから、開運さんのお酒は、あのときの酒は良かったけど、あれはちょっと・・・、ということがありません。
2000石の蔵元さんなので、もっと大きいのかと思っていましたが、案外(?)こじんまりしていてビックリしました。酒母室も通りすがり(?)の場所にありましたし・・・。コンパクトでとても動きやすい印象の蔵でした。

一通り蔵の中を見学してから、いざ新酒の試飲を・・。
とりあえず、大吟醸、純米吟醸(山田錦)、本醸造、純米の新酒の生酒を頂き、そして無理を言って雄町の純米吟醸や田中みんさんさんが山梨の畑で作っているお米で造った吟醸も飲ませていただきました。
本醸造と吟醸は好適米意外のものを使用しているせいか味がはっきりして、厚ぼったいというかすぐに美味しいさがわかるものでした。ほかのものは山田錦を使用しているため、きれいな味わいです。香りもほんのりと言う感じで飲み飽きしない味でした。蔵元さんご自身も飲み続けられる酒を念頭に造っておられるようです。

最後に蔵元さんと波瀬正吉杜氏と写真を撮って帰路に。新幹線では、試飲ではなく酒を飲んでしまっていたため、いい気持ちで熟睡できました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/02/17

ふきみそと繁枡

昨日の「どっちの料理ショー」はお酒が飲みたくなるメニュー対決、やきとん対おでんでした。
私もそうですが、酒飲みという人種は困ったもんですね!テレビを見ながら、私も無性に日本酒が飲みたくなってしまい、昨日はカレーだったので赤ワインを飲んでいたのですが、急遽、ふきみそと日本酒にスイッチしてしまいました・・・・。美味しいそうなものを見ると、やっぱりお酒が飲みたくなるものです・・・。

先日、私の想いが通じたのか、お客様よりふきのとうを頂きました。今年は絶対ふきみそを作って、純米酒とチビチビやりたい!と思っていたところだったので、早速その日にふきみそを作りました。
早春の味、ほろ苦い、ふきのとうとみそが微妙なマッチンングで、いやーお酒がすすみます。ここのところは神亀のひやおろし(2年自家熟成)や繁枡の純米(2年自家熟成)と飲んでいます。一回明鏡止水の吟醸生酒とあわせたのですが、しっかりと落着いた熟成酒のほうがこういったおつまみとは合うようです。
明鏡止水はそれだけで美味しく、みそと一緒だと良さが減ってしまうような気がしました。そういった意味では、熟成酒はそれだけだと、ちょっとひねてるかなあ、と思いがちですが、こういった日本本来の(?)おつまみとあわせると、俄然美味しくなりますね!
一度お試しください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/02/05

伽草紙

昨日は店を休み、家でゆっくりしていました。(店は営業しています・・・。)
先日、日経MJに「オヤジが集うフォーク喫茶」とかなんとかいう記事が載っていました。そこで埼玉にもそういったお店があることを知り、夫に新聞の記事を見せたところ、「行ってみたい・・・。」というので、早めの夕食をとり、いざ、目的のお店「伽草紙」へ。

浦和駅から浦和一女方面へ歩き、7,8分というところに、「伽草紙」はありました。店の扉を開けると、店主と思われる方がフォークギターを弾いていました。
とりあえず、カウンターへ座り、「ハートランドビール」の生を。店名が「伽草紙」からいって、吉田拓郎のポスターや古いレコードがたくさん。ひとしきり、拓郎についての話題をしてから、いろいろレコードをかけていただきました。
わたしは吉田拓郎世代ではないので、あまり詳しくはないのですが、夫がお兄さんなどの影響で一応拓郎ファンなので、わたしはその影響で少しだけ聞いています・・。
やっぱり、アナログの音っていいですね!ライブ版は特によかったです。
また時間があったら是非行きます。場所はさいたま市浦和区岸町4-6-2です。

ちなみに、ここでは麦焼酎の「黒騎士」を飲みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »