« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004/12/20

愛媛の地酒、石鎚純米吟醸袋吊りしずく酒

昨日は私が一番力をいれている、愛媛の地酒、石鎚酒造さんの石鎚純米吟醸袋吊りしずく酒緑ラベルを飲みました。
家族4人だけで酒造りをしている酒蔵です。醸造は主に若き兄弟が担当しています。今回飲んだ石鎚純米吟醸袋吊りしずく酒緑ラベルは通年販売の純米吟醸緑ラベルの袋吊りバージョンです。通年の緑ラベルは槽しぼりですが、これは袋吊りです。飲み比べると柔らかさが全然違います。きれいでおだやか。メロン様の香りが嫌味なく、素晴らしい味わいです。日本酒って搾り方でもずいぶん違うものです。蔵元さんによってはやぶたでも槽でもあまり変わりはないといわれる方もいらっしゃいますが・・・。お酒によっていろいろですね。
石鎚の袋吊りバージョンは年末・年始にちょっといいものを飲みたい時におすすめです。お刺身にもあいますよー。
石鎚についてはこちらをご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/17

開運無濾過純米

しぼりたて第一弾は、静岡の地酒「開運」の無濾過純米生です。
まだピリピリ感がありますが、そこがさわやかで美味しいところ。名前もおめでたいですし、お正月のお酒におすすめです。他におめでたい名前のお酒といったら、福井の「福千歳」、静岡の「初亀」でしょうか。お正月はおいしく、さらにおめでたい名前のお酒でお祝いしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/14

福島の地酒 国権

最近、寒い日が多くなってきました。今日はお燗で、という方も増えてきました。
そんな時におすすめなのが、福島の国権の山廃純米です。常温だとやっぱり、山廃特有の香りですが、後口はきっぱり、さっぱりです。お燗だとまるい味に変わります。これからの注目株です。

12月2日にサザンの桑田佳佑さんが毎年行っている、エイズ撲滅のためのコンサート「アクト・アゲインスト・エイズ」に行ってきました。熱狂的な桑田ファンではありませんが、主人の友人に好きな方がいて、一緒に行くことになりました。よかったです!内容は英国ロックの歴史をたどるというようなものでしたが、桑田さんによる「ルビー・チューズデイ」とか「アローン・アゲイン」とかT.REXの曲などなど久々に聴く、大人(?)のロックはカッコよかったです。
なんか、来年はいいことあるぞ、と思わせてくれるいいコンサートでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/01

栃木の地酒天鷹

ずいぶんさぼっていました。すいません・・・。
先週はパソコンが壊れ(突然セーフモードになってしまいました。そんなことってあるのか?)、いろいろやってみましたが復旧せず、修理にだしていました。ハードディスクの損傷ということでしたが、また、いろいろなソフトをインストールせねばならず、時間をとられてしまいました・・・。なかにはみあたらないソフトもあり、ただいま捜索中です。

そんな中、先週は22日の月曜日は青山のノブ東京で行われた、勝沼醸造さんの「アルガ・ブランカ・ヴィニャル・イセハラ」の発表会に行ってまいりました。いやー、何度も書いていますがイセハラはすばらしいですよ。11月22日の発売でしたが、販売好調です。なくならないうちに是非お試しください。目からウロコのおいしさです。

そして、25日の木曜日は栃木県の天鷹酒造さんに行ってきました。以前から天鷹さんを扱っている、飲食店さんからのご紹介だったのですが、なかなか落ち着いた味わいでよかったです。栃木の酒というと、わたしは甘いイメージしかなかったのですが、ここは一貫して辛口一筋。普通酒はすっきり辛口で非常にレベルが高かったです。無濾過生酒はあまりお好きでないようで、お酒はやはり寝かせたほうがおいしいと、蔵元さんは語っておりました。だからといって生はやらないか、というわけでもなくそこらへんは柔軟に。またまた、扱い銘柄が増えてしまいました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »