« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004/11/04

勝沼醸造 甲州ヌーボー

昨日(11月3日)は勝沼の勝沼醸造さんをお客様と訪ねました。
まずはワイナリーの裏の畑を見学し、地下のワイン熟成庫を見学。
そして、勝沼醸造さんで経営しているレストラン「風」でランチ。ここの売り物はわさび醤油で頂く甲州牛のローストビーフです。このローストビーフが勝沼醸造さんの甲州樽醗酵にベストマッチなんです。わたしは二回目でしたが、今回もとってもおいしく頂きました。
豪華ランチの後はまたワイナリーに戻り、テイスティングです。まず、あっさりした甲州ビンテージ。そしてアルガ・ブランカ・クラレーザ・ディスティンタメンテ。クラレーザのほうがシュールー・リー製法のため深みがあります。次は勝沼ブラン。これは樽で熟成させていますのでほんのり優しい木の香りがします。そして、先ほどの甲州樽醗酵です。前の勝沼ブランは飲んだあと少し甘さが残りましたが、樽醗酵はいやみのない木の香りと品のある味わいです。やっぱりおいしいです!
で、今回は新酒の時期なので、11月1日発売の甲州ヌーボーと11月22日発売予定のアルガ・ブランカ・ビニャル・イセハラです。甲州ヌーボーはトロピカルフルーツのような香りが特徴です。甲州でこんなに香りもあって深みのあるヌーボーを飲んだのは初めてです。で、イセハラはどうかというと、それ以上に素晴らしい!バラとかジャスミンの香りです。これはもう飲んでいただくしかないでしょう!甲州の新しい味わいです。
テイスティングは一階の売り場でも続き、ここでは甘口のマディラタイプのものが人気がありました。
皆さん楽しんでいただけたでしょうか?わたし自身楽しんでしまって、不手際も多かったと存じますが、また、何か企画がありましたら、是非ご参加ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/01

ひとり股旅 奥田民生

最近サボリぎみでした。
木曜日から日曜日までお休みを頂いて、山陰、山陽方面を旅してきました。
今回は酒蔵見学はなし。金曜日に姫路から車で米子を通過し、松江と出雲大社に行き、義姉が住む島根県大田市に。
初めての島根でしたが、とってもいいところでした!なんて表現していいかわかりませんが、日本の原風景といいますか・・。ところどころで、焚き火が炊かれ、のどか。晩御飯は近くの牧場で放牧で育てられた牛の焼肉を頂きました。おいしかったー。島根は肉も魚も豊富です。
次の日は石見銀山に寄ってから、今回の旅の本当の目的である広島へ。車で2時間ちょっと。
広島で奥田民生のひとり股旅@広島球場なるコンサートを見るのが今回の旅の最大の目的です。奥田民生ファンの友人と広島駅で落ち合い、とりあえずお好み焼きを食べ、いざ広島球場へ。
開演は夕方の4時過ぎ。いやー、こんな満員の広島球場ってはじめて見ました。すっごい!やっぱ人気あるのね。
奥田民生がギター片手に三時間ほどうたったいいコンサートでした。奥田民生って本当に歌がうまいです。裏声なしでよくあんな声がでるもんですねえ。「冬ソナ」もオマケで歌いましたが、すっごい似ておりました。

今回は島根では持参した三井の寿の美田のとろあわを飲みました。14byのものでしたが、まろやかになって常温でけっこうグビグビ飲めました。お刺身にもあいました。懐の深いお酒です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »