« ひやおろしいろいろ | トップページ | 男の酒 鷹勇 »

2004/09/15

長野・桂正宗

13日に長野県の桂正宗醸造元の千野麻里子さんがおみえになりました。当店では川中島幻舞で売りだし中の蔵元さんです。
川中島幻舞は限定流通商品なので、まだあまりなじみがないと思いますが、長野では桂正宗というお酒で400年以上の歴史ある蔵元さんです。今回はひやおろしが発売になるということで、味をみさせてもらいました。
幻舞ではなく、桂正宗として発売するひやおろしです。やはり、幻舞ではないので華やかさに欠けますが、おおらかな味わいです。冷よりも常温、ぬる燗でさわやかに飲めそうなお酒です。
千野さんいわく、はじめは幻舞で乾杯してもらって、次にこのお酒に移って欲しいとのことでした。
千野さんにどんなお酒がすきなんですか、と尋ねたところ、両極端なんですが、華やかなものもシーンによっては好きだし、落ち着いたお酒もじっくり飲みたいときには好きです、とのこと。ちなみに花垣のひやおろしはいいですねえ、とおっしゃってました。この冬は山田錦による純米を造るということなので、また来年が楽しみです。

|

« ひやおろしいろいろ | トップページ | 男の酒 鷹勇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長野・桂正宗:

« ひやおろしいろいろ | トップページ | 男の酒 鷹勇 »