« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004/08/30

石巻に行って来ました

26日から仙台に行ってきました。27日には石巻に行き、日高見醸造元平孝商店さんを見学してきました!
石巻は今回で二回目。前回墨廼江さんに行ったときはまちを散策しなかったので、今回ははやめに行ってお昼を市内のお寿司屋さんでたべました。さすが、漁港の町。ネタが新鮮で美味しかったです。

市内は石森章太郎記念館(?)ができたことにより、至るところにサイボーグ009やらのイラストが。仙石線で一緒だった若者はここが目当てだったようです。

平孝商店さんは駅から10分ほど歩いたところにありました。わりと小さかったかったのでびっくり。
実は義父が「日高見が今一番仙台で売れている」と言っていたので、次に仙台に行くときには行ってみよう、と思っていたのでした。
まだ若い(42歳)のハンサムな平井孝浩社長が蔵に戻ってから、地元銘柄の新関から日高見にシフトされ、今では東京でも人気の銘柄になっています。宮城県は浦霞や一の蔵などのお酒が有名で1歩リードという感じでしたが、現在では、日高見を筆頭に墨廼江、綿屋、伯楽星などなど、小さくてもいい蔵がたくさんでてきています。
宮城県は注目ですね。
hakami2.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/25

アルガ・ブランカとイタリアン

昨晩はふじみののイタリアンレストラン「ベスパイオ」さんで、「アルガ・ブランカとイタリアンを楽しむ会」というワイン会を行いました。平日にもかかわらず、20名ほど参加して頂き、本当にありがとうございました。
このワイン会は山梨県勝沼町のワイナリー勝沼醸造さんが今年の六月に立ち上げた、「アルガ・ブランカ」というワインシリーズを皆さんに知っていただきたいと考え、企画しました。「アルガ・ブランカ」は日本古来のぶどう品種である甲州を使用したワインシリーズで今のところ、「アルガ・ブランカ・クラレーザ・ディスティンタメンテ」というシュールリー製法のワインと「アルガ・ブランカ・ドース」という甘口デザートワイン、「アルガ・ブランカ・エンヴェリシーダ」というマディラタイプのワインの三種類が発売されています。
11月には「アルガ・ブランカ・イセハラ」という昨年まで新酒として発売されていたものがラインナップに加わります。
今回のワイン会では勝沼醸造さんのスタンダード商品でもある、「甲州ビンテージ」、「アルガ・ブランカ・クラレーザ・ディスティンタメンテ」、「甲州樽醗酵」、「イセハラ2003」、「アルガ・ブランカ・ドース」を楽しみました。
私個人としては「クラレーザ」か「樽醗酵」が人気かなあ、と想像していたのですが、あっさりしている「甲州ビンテージ」もパスタの「スカンピのトマトクリームソースフェットチーネパスタのサフラン風味」にあうね!とおっしゃる方やいろいろな意見があり、大変勉強になりました。ワインを飲みなれている方はやはり、ムルソーのような「樽醗酵」が人気でした。今回は「イセハラ」は発売前だったので、特別に勝沼醸造さんの山本さんが昨年のものを2本だしてくださいました。ありがとうございます!この「イセハラ」は香りが甲州らしからぬかんきつ系の香りといいいますか、とても心地良い香りがするワインです。このワインも大変評判が良かったです。今年は11月22日に発売される予定ですので、皆さんよろしくお願いします!ご予約も承っております!ボジョレー・ヌーヴォーもいいですが今年は「アルガ・ブランカ・イセハラ」をひろめましょう!
という訳で19時から始まった会はなんと23時までワインと美味しいお料理で楽しい会となりました。本当にありがとうございました。
ベスパイオの高橋シェフ、美味しいお料理をありがとうございました!

11月3日に勝沼にワイナリー見学に行こうという計画もでました。参加希望の方は当店までどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/20

今度は川中島幻舞の吟醸斗壜取り

連日のオリンピック放送とおとといからの暑さでちょっと体が夏バテぎみです。
昨日の朝も早起きして、体操見ましたが、残念でした。今回は団体戦と違って、緊張感があまり感じられず、ちょっと選手もお疲れぎみでした。金をとったあとは騒がれすぎて、疲れてしまったのでしょうか。でも、ハムくんはさすがに、一度メダル圏内からでても見事優勝しました。ということは、富田選手も着地がピシッと決まったらメダルに手が届いただろうに。種目別に期待しましょう。

昨晩はまたもおかずがゴーヤーチャンプルー。お酒は長野の地酒、川中島幻舞の吟醸斗壜取りです。まだ、ぴちぴちしておりました。フレッシュさが特徴です。グラスに注ぐと小さな泡がぴちぴち水面に浮上してきます。まだ、ガスがお酒の中にあり、本当にフレッシュ。ほなかな香りが品の良いお酒です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/17

男子体操金メダル!

いやー、男子体操団体金メダルおめでとうございます!
今朝は2時半起きで見ました!もう、見てるこっちがドキドキしました。早起きしたかいがありました。

という訳で、昨晩はあまり飲まないで就寝。でも、ちょっとだけ山形の以津美の純米吟醸を飲んで寝ました。口の含むとほのかな香りがしましたが、全体的に飲みやすくさっぱりした辛口。まだ、熟成途中なのでほんのわずかに渋味を感じますが、もうちょっとたつともっと美味しくなりそうな予感。これからが期待されるお酒です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/15

松徳硝子

今朝の朝日新聞に極薄ガラスに注ぐ日本の技という見だしで、松徳硝子さんの「うすはり」ガラスが紹介されていました。実はわたしもこのガラスを愛用しています。なんて、先月の28日に松徳硝子さんまで行って、買ってきたばかりなので、えらそうなことは言えませんが・・。
でも、ここの「うすはり」で飲むビールの美味しいこと!ガラスが薄いので直接飲んでいるような感覚です。ビールはあまり飲まないわたしでもこのグラスを買ったら、ビールを飲むのが楽しみになりました。
このグラスは触れると本当に薄くて、扱うのを躊躇してしまいますが、意外に丈夫。ショールームでいろいろなグラスを見せていただきましたが、担当の方がうすはりのグラスをバタッとわざと倒したときはびっくり。「皆さん怖がられますけど、丈夫なんですよ。」とのことでした。
私が購入したのはうすはりの二番目に小さいグラスと、うすはりではありませんが、風鈴としょうゆさし。他に、足のないワイングラスや大吟醸用のグラスなどがあったので、店におきたいなあ、と考えながらショールームを後にしました。工場の見学もしたかったのですが、一緒にきた連れが暑いから今度にしよう、と訳のわからないことを言うのであえなく断念。また、行きたいです。

さて、昨日はやわらちゃんの試合をみながら、ちびちび島根県の地酒扶桑鶴の特別純米をお燗で飲んでいました。
お燗にするとけっこう辛口になってさっぱり飲めます。でも、やわらちゃんとオリックスの谷選手は最近顔が似てきましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/11

石鎚酒造初の生生です。

石鎚酒造さんより初の生生おり酒が入荷致しました!
今までは生貯蔵とか生詰めだったんですが、今回の「純米吟醸槽織(ふなおり)」は完全生生です。商品の詳しい内容はこちらでどうぞ。
生生だから甘いのでくるのか、と思っていましたが、そこは石鎚さん、この季節に出すだけあっておりの酸味が中心となった爽やかな辛口のにごり酒でした。結構さっぱりしてますが、この後違う酒を飲むと味がしません。それだけこの酒には見えない力があるような気がします。
ところで、テレビで「ウォーターボーイズ2」やってますね。高校生の頃ってみんなああだったかなあ、と思いながら毎回見ています。最近のテレビって現実離れしたものが多いので、時代劇しかこの頃は見てないんですけど。(御宿かわせみとか)この番組はいいですね。というのも、わたしも高校の頃シンクロではありませんが、一応、ウォーターガールズだったので、あのプールを見るだけでも心が落ち着くというか、懐かしい気持ちになります。元祖ウォーターボーイズと同じ川越市内の女子高だったので、高校時代の男子の知り合いは川越高校水泳部の男子くらいだったんですよねえ。でも、あの頃は文化祭のお笑いをねらっただしものだったような・・・。ま、いいか。あの頃、水泳平泳ぎで記録を持っていた不破央さんが映画で水泳の指導をしていたのも懐かしかったです。でも、異常に真っ黒だったんだよね。今あの頃の写真を見ると恥ずかしいです。わたしはカナズチで何故か水泳部にはいってしまったんですけど、泳げると楽しいですよね。世界が変わります。水泳をしている男子の体型もかっこいいし。でも、テレビの男の子は線細すぎませんか?今の男の子ってやせすぎのような・・・。それとも自分がおばさん化しているからそう思うのか・・。まあ、これからオリンピックも始まりますし、「ウォーターボーイズ」達にも目が離せません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/08/10

夏にお燗酒

最近、麦茶を飲みながらお酒を飲んでいます。体内のアルコール度数を減らすためと悪酔い防止に。
でも、お燗だと体内濃度を下げなくてもそんなに悪酔いしません。じんわり酔う感じ。暑い夏でもお燗は結構いけます。
そこで、昨晩は鷹勇の純米吟醸「強力」をお燗で飲みました。常温だと熟成酒のため複雑な香りがしますが、お燗にすると一転やわらかな旨味もあるお酒に変身。何杯でも飲めてしまいそう。昨日はチンジャオロースや餃子だったのですが、油も流してくれる感じでよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/05

夏におすすめ!しげます辛口

福岡の「しげます」から新商品!辛口の純米の生生です。口に含むとほのかな米の旨味。それからすっきりした辛さが口のなかを駆け巡ります。よくあるピリッとした辛さではなく、キリッとした辛さといいましょうか・・・。
この時期、日本酒は杯をすすめていくごとに、甘さが気になりますが、このお酒はこの辛さがだんだん気にならなくなり、ついつい飲んでしまいます。石鎚酒造の夏吟に続くのはこのお酒でしょう?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/03

昨日は静岡の開運です

晩ご飯が昨日は何故かお赤飯と煮物だったので、それにあわせてお酒もめでたく静岡の地酒「開運」にしました。純米吟醸の赤磐雄町です。
雄町を使ったお酒は熟成させたほうが味がのって美味しくなるような気がします。この開運は品があるというか、やはり静岡のお酒を代表するにふさわしいなめらかできれいな味です。久しぶりに飲むとああ美味しい!と呟いてしまうお酒です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/02

岡山の地酒 酒一筋

昨晩のお酒は岡山の地酒、利守酒造さんの酒一筋の昨年のひやおろしの純米です。倉庫の奥に隠れていたのを見つけ、飲んでみました。
あんまり冷やさないで常温に近い温度で飲みましたが、全然へこたれていなかったです。もしかして、こっちのほうがいいかも?と思うくらい。ただ、お燗(上燗)にしてみたところ、アルコールがたちすぎ、薄っぺらになってしまいました。このお酒は常温がおすすめです。
さて、昨日の巨人対阪神戦はいかがなものでしょう。同年代の片岡頑張れよ!とわたしは言いたい。金本が打てればよかったんでしょうけど。同年代の人が活躍する姿がやっぱり見ていても楽しいですよねえ。プロ野球を見ても、サッカーを見ても、同年代の選手はどんどん辞めていき、残ってる選手はヤクルトの鈴木とか、中日の立浪とか。もう、みんな中堅なんですよね。そういった人達をテレビで見るたび、自分も社会ではt中堅なのか?と考え込んでしまう今日この頃です。でも、10月30日には奥田民生を見に広島まで行っちゃうもんね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/01

川中島幻舞

昨日の晩酌は長野県の地酒、千野酒造場の川中島幻舞の純米吟醸生原酒。
千野麻里子さんという女性が蔵元で杜氏もかねて造っているお酒です。
味はというと、香りは甘くなめらか。飲むとまだ、若いためか少しピリリとします。原酒のため、アル
コールが強く感じられ余韻は長い。もうちょっとおいといてたほうがいいかなあ、という感じ。
昨日のおかずがゴーヤーチャンプルーだったのでゴーヤの渋さとお酒の甘さが微妙にあっているのか、
あっていないのか・・。今日はお刺身で飲んでみよう!

もう、ボジョレー・ヌーヴォーの案内が来始めました。今年はどうなんでしょうか。
今年は自然派の造り手のものを扱おうかと思っています。マルセル・ラピエールという造り手の2003年
のボジョレーがこのあいだ来たので、飲んでみたら素直な果実の味がして美味しかったです!酸化防
止剤を加えていないので、よくワインを飲むと頭がガンガンするという方がいらっしゃいますが、そのよう
な方におすすめです。ああ、やっぱり今日はワインかなあ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »